温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年09月16日

温泉考座 (29) 「消えゆく混浴」


 「古湯(ことう)」 と呼ばれ、何百年と湯を守り続けてきた温泉地には、いくつかの共通点があります。
 必ず、温泉神社や薬師堂が祀られています。
 霊験あらたかな湯に対して、先人たちが畏敬の念を込めて建立したものです。

 次に、外湯 (共同湯) があります。
 現在のように各旅館に温泉が引かれたのは、戦後になってからのこと。
 それ以前は、湯治客は宿から 「大湯」 と呼ばれる共同湯へ入りに行きました。
 ですから現在でも外湯が残されている温泉地は、歴史が古く、湯量が豊富な証拠だといえます。

 もう一つ、古湯の条件に入れたいのが “混浴” の存在です。

 昭和23(1948)年に公衆浴場法が制定されて以降、日本では県条例で不特定多数の成人男女の混浴は、原則として禁止されています。
 旅館やホテルの浴場には、この条例は適用されません。
 それでも、昔ながらの純粋な混浴風呂は、年々減少の一途をたどっています。

 混浴の浴場を持つ宿でも水着や湯浴み着、バスタオルの着用を義務付けたり、女性専用時間帯を設けているところが多くなっています。 
 また女性客からの要望からか、新たに女性専用風呂を増設する宿も少なくありません。

 浴槽を増やすということは、それだけ多くの湯量を必要とします。
 そのために、かけ流しをやめて循環式にしてしまう、という本末転倒な事態が起きています。
 湯量を増やすために、新たに源泉を掘った温泉地もあります。

 では、どうして昔は混浴が一般だったのでしょうか?

 その答えは簡単です。
 貴重な温泉を大切に利用するために、1つの浴槽を男女で兼用していたからです。
 言葉を言い換えれば、“湯の都合” に人間が合わせていたと言えます。

 現代社会にあって、“混浴” という入浴スタイルは、馴染めない風習かもしれません。
 これからも廃れる一方でしょう。
 しかし、その中に湯を大切にする日本文化、先人たちの知恵があったことを、私たち現代人は忘れてはならないと思うのです。


 <2013年11月13日付>


同じカテゴリー(温泉考座)の記事
 温泉考座 (60) 「忘れたころに猛威をふるう」 (2021-01-12 11:25)
 温泉考座 (59) 「入れ替わった神様」 (2021-01-09 11:29)
 温泉考座 (58) 「タダほど良い湯はない」 (2021-01-05 10:58)
 温泉考座 (57) 「牧水と温泉宿(下)」 (2020-12-28 11:19)
 温泉考座 (56) 「牧水と温泉宿(上)」 (2020-12-24 11:28)
 温泉考座 (55) 「温泉は生きている」 (2020-12-20 12:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉考座 (29) 「消えゆく混浴」
    コメント(0)