温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年12月01日

千里を走る馬に乗って


 ♪ 金もいらなきゃ 女もいらぬ
   あたしゃ も少し背がほしい

 ひと昔前、このギャグで一世を風靡したのは、確か 「玉川カルテット」 という浪曲漫才グループでした。
 このフレーズに、もし自分を当てはめてみるならば、こうなります。

 ♪ 金もいらなきゃ 女もいらぬ
   おいらは もっと酒がほしい


 根っからの酒好きであります。
 “芸は身を助ける” なんて言いますが、酒好きが高じて、昨年から 「ぐんまの地酒大使」 に任命されました。

 酒って、いいでよね~!
 だって、溺れても、決して裏切りませんもの。
 これが、もし金や女だったら、溺れたら最後、裏切られて、捨てられて、散々な目に遭っているはずです。


 そんな僕の心を知ってか、世の中には殊勝な方々がおられます。
 最近、立て続けに、2本の酒が届きました。

 1本は、ご存じ! 「赤兎馬(せきとば)」。
 一時は、なかなか手に入らないことで話題になったことのある鹿児島県 (濱田酒造) の芋焼酎であります。
 赤兎馬とは、三国志に登場する千里を走るという名馬の名。
 その名のごとく、のど越し清涼にして、天を舞うような酔い心地が味わえます。


 もう1本は、これまた入手困難な群馬の地酒 「浅間山(あさまやま)」(浅間酒造)。
 実は、この酒、今回、初めて呑みました。
 お恥ずかしい話、せっかく 「ぐんまの地酒大使」 に任命されているのだから、県内の全銘柄を制覇しておかなければ……と飲み歩いていたのですが、この酒だけが “未飲” でした。

 そんな話を、きっとどこかで、僕は酔った勢いで話したんでしょうね。
 そして、それを聞いていた人がいた。
 「だったら送ってやろうじゃないか」
 と、さっそく届けてくださったようであります。


 ああ、なんたる幸せ!
 呑むほどに、酔うほどに、僕の体は宙を舞います。

 今宵もひとり、千里を走る馬に乗り、浅間山のまわりをグルグルと駆け回っております。

 Oくん、I さん、ありがとうございました。
 感謝!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 不要不急に物申す! (2021-01-16 12:20)
 レバニラは青春の味なのだ! (2020-12-23 11:58)
 はあ、おっぺしたん? (2020-11-12 11:50)
 しあわせの記帳音 (2020-10-07 10:22)
 戒厳令の夜明け (2020-06-17 12:00)
 ひと足早い御中元 (2020-05-12 11:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
千里を走る馬に乗って
    コメント(0)