温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年12月26日

歌は世につれ昭和は遠くなりにけり


 ♪ 北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ♪


 筒美京平さんという偉大な作曲家を失ったばかりなのに、この年の瀬になり、続けざまに昭和を彩った巨星たちが、旅立ってしまいました。
 作詞作曲家の中村泰士さん、享年81歳。
 作詞家で作家のなかにし礼さん、享年82歳。


 中村泰士さんといえば、僕らの世代は 『スター誕生』 の審査員だった姿を思い浮かべます。
 合格ラインに届かなかった中森明菜さんに、たった一人満点を付けたというエピソードは有名です。
 「彼女は絶対にスターになる」 という先見の明があった人でした。

 代表作には、ちあきなおみ 「喝采」 や 桜田淳子 「わたしの青い鳥」、細川たかし 「心のこり」、五木ひろし 「そして…めぐり逢い」 など、どの曲も耳に残っている昭和の名曲ぞろいです。


 なかにし礼さんといえば、北原ミレイ 「石狩挽歌」 や黒沢年男 「時には娼婦のように」 など、独特の世界観でエロスを描いた作詞家です。
 個人的には、松本隆さんと並ぶ大好きな昭和の作詞家であります。

 また後年は、作家としての才能が開き、平成12(2000)年には、「長崎ぶらぶら節」 で直木賞を受賞しています。
 これまた個人的ではありますが、僕は、それ以前に書かれた自伝的な 「兄弟」 という小説が好きでした。
 読むと分かるのですが、過酷な海に生きる男たちの描写は、そのまま 「石狩挽歌」 の歌詞を彷彿させます。

 その世界観は唯一無二で、なかにしさんしか描けない魅力に満ちています。


 そんな同時代を綺羅星のごとく駆け抜けた2人が手がけた名曲に、「北酒場」 があります。
 作詞/なかにし礼、作曲/中村泰士、歌/細川たかし

 コロナ禍で自粛が叫ばれている今年の年末年始ですが、きっと、どこかの街のスナックや居酒屋で、人知れずマイクを握り、自慢の喉を披露している “昭和大好きオヤジ” がいることでしょうね。


 歌は世につれ、世は歌につれ。
 そして、また2つ、昭和が遠くなったと感じた訃報でした。

 ♪ 北の酒場通りには 女を酔わせる恋がある ♪


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 肩書のない四半世紀 (2021-01-14 12:58)
 我が道のゆくえ (2021-01-13 11:31)
 虹色の輝きは魔法のおまじない (2021-01-11 12:30)
 ウイズコロナは悲喜こもごも (2021-01-10 12:13)
 音のない街 (2021-01-08 11:15)
 自粛+不安=少子化 (2021-01-07 12:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
歌は世につれ昭和は遠くなりにけり
    コメント(0)