温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月05日

温泉考座 (58) 「タダほど良い湯はない」


 「料金の高い宿は、お湯も良いのですか?」
 よく聞かれる質問です。
 高級な料亭や寿司屋が値段の高いぶん、それだけ新鮮で良いネタを使っているように、温泉宿の湯の質も料金に比例すると思われているようです。

 もちろん、高級旅館や高価な入浴施設で、湯の素晴らしいところはあります。
 ただ私の経験からすると、反対に料金の安いところに良い温泉が多いことに気づきます。


 そもそも温泉とは、地中から自然に湧き出してくるものです。
 ですから 「自然湧出」 「自然流下」 「完全放流(かけ流し)」 の温泉ならば、コストはさほどかかりません。

 しかし、これが地中を掘削して、動力により汲み上げ、タンクに貯湯し、加水や加温をしながら循環ろ過装置を使って、温度を一定に保ちながら消毒をしていれば、設備費や光熱費、人件費がかかってきます。
 当然ですが、その経費は宿泊料金や入浴料金に上乗せされます。

 またサウナやジェットバスなどの諸施設、エステやアロマなどの入浴後のサービスを充実させていることが、料金にはね返っている場合もあります。

 逆に料金が安いということは、人の手が加わらない自然に近い温泉に出合える確率が高くなります。
 「外湯」 と呼ばれる共同湯のある温泉地へ行けば、一目瞭然です。
 湯量が豊富だからこそ、無料の入浴施設があるのです。
 ほとんどの場合が無人で、地元や湯治客が自由に利用しています。
 そして浴槽には、「自然湧出」 「自然流下」 「完全放流」 による極上の湯が満たされています。
 タダほど新鮮で良い湯はありません。


 温泉旅館や入浴施設に求めるものは、人それぞれだと思います。
 便利な施設や豪華な料理、徹底したサービスを楽しみにしている人も多いことでしょう。
 でも、それらの付加価値は、わざわざ温泉地まで行かなくても、都会でも十分体験することができます。

 そこが温泉地である以上、料金に関係なく、第一に求めるものは、“温泉” であってほしいものです。


 <2014年7月30日付>


同じカテゴリー(温泉考座)の記事
 温泉考座 (60) 「忘れたころに猛威をふるう」 (2021-01-12 11:25)
 温泉考座 (59) 「入れ替わった神様」 (2021-01-09 11:29)
 温泉考座 (57) 「牧水と温泉宿(下)」 (2020-12-28 11:19)
 温泉考座 (56) 「牧水と温泉宿(上)」 (2020-12-24 11:28)
 温泉考座 (55) 「温泉は生きている」 (2020-12-20 12:08)
 温泉考座 (54) 「名は半出来、湯は上出来」 (2020-12-16 12:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉考座 (58) 「タダほど良い湯はない」
    コメント(0)