温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月06日

初演日時決定! 『新春神社かみしばい』


 たびたび、ブログでも話題にあげている伊勢崎市の浦島太郎伝説。

 なんで海なし県なのに、浦島太郎なの?
 という疑問から取材を始めると、なななんと! 墓までが存在したのです。

 まさに、驚き桃の木山椒の木であります。

 ということで僕は、この話を拙著 『民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) に収めました。
 すると、地元の新聞やテレビ、ラジオが取り上げ、発売当初から大変話題になりました。

 「もしかして、群馬が浦島太郎の発祥の地!?」

 まことしやかなローカル伝説は、県境を越え、さる街頭紙芝居士の元へ届きます。
 「だったら、この話を後世に残しましょう!」
 ということになりました。
 ※(経緯については、当ブログの2020年9月27日 「宮子の浦島太郎」 を参照)


 そして、ついに紙芝居が完成しました!

   『いせさき宮子の浦島太郎』
 作/小暮淳 (フリーライター)
 画/須賀りす (画家・イラストレーター)
 演/石原之壽 (壽ちんどん宣伝社・座長)

 初口演に際して、民話の地元である伊勢崎神社が会場を提供してくださいました。

 ぜひ、お子様連れで、お越しください。
 また年配の方には、昔懐かしい街頭紙芝居の世界をご堪能いただけます。
 ※(会場にて、原作本の販売もいたします)



     2021年新春 『神社かみしばい』

 ●日時  2021年1月30日(土)、31日(日)
        10時、11時、12時、13時 (各回30分の口演)
 ●会場  伊勢崎神社 境内 (群馬県伊勢崎市本町)
        (悪天候中止、小雨の場合は簡易テントで開催)
 ●入場  無料 (投げ銭制)
 ●主催  壽ちんどん宣伝社 TEL.090-8109-0480
 

同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 世界の国から 「あけましておめでとう!」 (2020-12-30 12:31)
 紙芝居会議 (2020-12-06 11:53)
 丸尾康弘展 『今、こどもたち』 (2020-12-03 18:21)
 『昭和のくらしをのぞいてみよう』展 開催中! (2020-10-25 16:00)
 歴史博物館に、いらっしゃい! (2020-07-05 16:10)
 世界最大規模の 「アマビエ展」 (2020-04-12 11:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
初演日時決定! 『新春神社かみしばい』
    コメント(0)