温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月07日

自粛+不安=少子化


 「来年の出生率は、上がるかね?」
 とは、昨年の夏に、行きつけの居酒屋で発した僕の言葉です。

 これに対して、隣のカウンター席にいた常連客は、
 「下がるでしょう! 濃厚接触しないと子どもは作れませんからね(笑)」
 「いや、逆に、やることがなくて、子作りに励むんじゃないの!」
 と反論した僕でしたが、結果は、常連客に軍配が上がったようであります。


 先日、全国の自治体が受理した昨年の1月~10月の妊娠届の件数が発表されました。
 これによると、前年同期比5・1%減という激減ぶりだったといいます。
 今年の出生数は、過去最低の80万人を割るという推定が出ています。

 初めて90万人を割ったのは一昨年で、推定通りなら、わずか2年で80万人を割ることになます。
 この数字は、少子化予測を約10年も前倒しする数字だそうです。


 やっぱり、コロナ禍の “濃厚接触” を恐れたことが要因なのでしょうか?

 識者の見解は、少し異なるようです。
 一番の要因は、「コロナ禍による将来の不安」 を挙げています。
 精神的な不安定さが、子作りにもストップをかけてしまったようです。

 実は、コロナ禍の不安は、妊娠・出産以前の男女の出会いにも影響が出ているといいます。
 それは、“巣ごもり生活による出会いの機会の減少” です。
 これにより、婚姻数も著しく減少しています。


 結婚するも妊娠するも出産するも、個人の自由ですが、そもそも人と人とが出会えないのでは、それら自由の選択も生まれません。
 リモートによる在宅や時差出勤では、なかなか、ときめくような恋とは出合えませんものね。

 すべてにおいて受難の年の幕開けとなりました。

 負けるな! 若人たちよ!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 肩書のない四半世紀 (2021-01-14 12:58)
 我が道のゆくえ (2021-01-13 11:31)
 虹色の輝きは魔法のおまじない (2021-01-11 12:30)
 ウイズコロナは悲喜こもごも (2021-01-10 12:13)
 音のない街 (2021-01-08 11:15)
 あなたは誰ですか? (2021-01-04 11:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自粛+不安=少子化
    コメント(0)