温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月11日

虹色の輝きは魔法のおまじない


 ひざ小僧で光り輝く赤い色は、わんぱく小僧であるしるし。
 そして、昭和の子供たちの勲章でもありました。


 昨年の暮れ、国内唯一のメーカーだった三栄製薬 (東京) が、「マーキュロクロム液」 の製造を終了しました。
 通称、「赤チン」。

 なんで、赤チンと呼ばれていたのか?

 それまで同じ殺菌・消毒の目的で使われていた 「ヨードチンキ」 が茶色なのに対して、色が赤いことから 「赤チン」 と呼ばれるようになったのだといいます。
 だから僕らは子どもの頃、茶色いのは 「ヨーチン」、赤いのを 「赤チン」 と呼び分けていました。
 (赤チンのことは、「マーキロ」 とも呼ばれていました)


 アメリカから日本に赤チンが入って来たのは、戦前 (1939年頃) のこと。
 戦後の最盛期には、国内で100社以上が生産していたといいます。
 ところが発がん性があるとか、水銀が含まれているとかの風評があり、だんだんと使われなくなっていったようです。
 確かに、僕のまわりでも赤チンを塗っていたのは小学生までで、中学生になるとサビオやバンドエイドなどの 「キズバン」 という簡易絆創膏を貼っていた記憶があります。


 当時、そう昭和の子供たち、それも男の子たちは、みんな半ズボンでした。
 だから、すり傷・切り傷は日常茶飯の出来事です。
 特に、ひざ小僧は、毎日のように、どこかにぶつけて、いつでも傷だらけ。

 男の子なら誰もが、保健室の若いお姉さん先生に、赤チンを塗ってもらった甘酸っぱい思い出があるはずです。
 「男の子でしょ、我慢しなさい!」
 なんて言われながら、赤チンを塗ってもらいました。

 そして、塗ってもらった後は……

 そうです! 誰もが 「フーフー」 と塗ってもらった傷口に息を吹きかけて、乾かすのです。

 すると……

 あーら不思議、赤チンが乾くと表面は、光の具合でキラキラと虹色に光り輝き出すのです。
 この輝きは、子供にとって、魔法のおまじないと同じ効果がありました。

 「光ったら、治る」

 そして、それは、少年たちの勲章になりました。


 また1つ、昭和の思い出が消えてしまいましたね。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 肩書のない四半世紀 (2021-01-14 12:58)
 我が道のゆくえ (2021-01-13 11:31)
 ウイズコロナは悲喜こもごも (2021-01-10 12:13)
 音のない街 (2021-01-08 11:15)
 自粛+不安=少子化 (2021-01-07 12:08)
 あなたは誰ですか? (2021-01-04 11:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
虹色の輝きは魔法のおまじない
    コメント(0)