温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月12日

温泉考座 (60) 「忘れたころに猛威をふるう」


  このカテゴリーでは、ブログ開設10周年を記念した特別企画の第3弾として、2013年4月~2015年3月まで朝日新聞群馬版に連載された 『小暮淳の温泉考座』(全84話) を不定期にて、紹介しています。
 (一部、加筆訂正をしています)


 平成26(2014)年6月、埼玉県内の日帰り温泉施設に入浴した60~80代の客3人がレジオネラ菌に感染し、うち同県在住の60代の男性が死亡しました。
 男性は同施設に複数回入浴し、発熱の症状を訴え、レジオネラ肺炎と診断されていました。

 その3年前にも群馬県北部の温泉旅館で、同様の死亡事故が起きています。
 いったい、いつになったら現代人は、レジオネラ菌から身を守ることができるのでしょうか?


 レジオネラ菌は、自然界の土中や河川に生息している菌です。
 従来のような放流式 (かけ流し) の浴槽では、たとえ菌が入っても繁殖する前に流されてしまいました。
 ところが、循環式の浴槽の登場により、菌が爆発的に繁殖するようになりました。

 レジオネラ菌の繁殖を防ぐには、2つの方法があります。

 1つは、浴槽の湯を換水して、徹底した清掃をすること。
 もう1つは、浴槽内の湯を殺菌消毒することです。

 湯量が豊富な放流式の場合は、前者で繁殖を防ぐことができます。
 しかし、湯量が少ない場合は、循環式の浴槽に頼るしかありません。
 この場合、清掃もさることながら、後者の殺菌消毒が不可欠となります。


 では、なぜ同じような死亡事故が起きてしまうのでしょうか?

 都会の日帰り温泉施設ですから、循環式風呂であったはずです。
 だとすれば、必ず消毒剤を投入しています。
 清掃も保健所の指示により適切に行われていたことでしょう。
 事実、毎月行っている水質検査では異常がなかったといいます。

 ただ、最近は消毒剤の臭いを嫌う客が増えているといいます。
 「塩素臭い」 「プールのような臭いがする」 などの苦情が寄せられるため、消毒剤の投入を控える施設もあるようです。
 その結果、浴槽内の塩素濃度の管理が不十分となり、殺菌力が低下する可能性があります。


 かけ流し風呂にせよ、循環式風呂にせよ、消毒剤だけに頼るのではなく、徹底した清掃を心がけてほしいものです。
 レジオネラ菌は、忘れたころに猛威をふるいます。


 <2014年8月13日付>


同じカテゴリー(温泉考座)の記事
 温泉考座 (59) 「入れ替わった神様」 (2021-01-09 11:29)
 温泉考座 (58) 「タダほど良い湯はない」 (2021-01-05 10:58)
 温泉考座 (57) 「牧水と温泉宿(下)」 (2020-12-28 11:19)
 温泉考座 (56) 「牧水と温泉宿(上)」 (2020-12-24 11:28)
 温泉考座 (55) 「温泉は生きている」 (2020-12-20 12:08)
 温泉考座 (54) 「名は半出来、湯は上出来」 (2020-12-16 12:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉考座 (60) 「忘れたころに猛威をふるう」
    コメント(0)