温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月17日

Le temps de Bonheur ~幸せの時~


 <コロナ禍の中でさまざまな規制があり、行動制限がある今。それでも小さな幸せを探し、豊かな日常が送れることを祈りつつ、光に溢れ、清々しく、観る者の心が開放される半透明な水彩の世界が、私たちを癒してくれるようです。画廊主> (個展DMより)


 竹馬の友であり、水彩画家の久保繁・新春画廊企画展が、今年も開催されています。

 まず、彼の名を聞いて、「あれ、もしかして……」 と思われた方、あなたは、かなりコアな僕の読者様であります。
 そうです!
 1999年秋に出版したベトナム旅行記 『ヨー!サイゴン』(でくの房) に登場する、もう一人の主人公であります。
 共に旅をしたこの年、僕はエッセイを書き、彼は人生初の個展を開きました。

 その後、彼はデザイン事務所を退職し、画家としての創作活動を始めました。
 前橋と逗子にアトリエを持ち、東京を中心に群馬や神奈川などで個展を開催しています。
 2003年から始まった前橋市の画廊で開催される新春企画展は、今年で19回目を数えます。


 初日の昨日、僕は夕方、買い物に出たついでに、ぶらりと寄ってきました。

 「あれ、今日、彼はいないの?」
 「ええ、先生は明日からなんですよ」
 と画廊のオーナー。
 毎年、初日に行けば会えていたので、改めて彼に確認を取らずに訪ねたことを少し後悔しました。

 でも、そのぶん、ゆっくりと絵画を鑑賞することができました。


 「だいぶ雰囲気が変わりましたね?」 
 「ええ、今回はペンで輪郭をとっていない作品が多いんですよ」

 なるほど、それでなんですね。
 淡い透明感のある色彩が、以前の作品に比べると、明るくポジティブなイメージを受けます。
 もしかして、これが、今回の個展タイトルの 「幸せの時」 なのだろうか……

 何よりも、その被写体の変化に気づきます。
 相変わらずヨーロッパの街並みを描いた作品は多いのですが、やっぱり去年はコロナの影響だったのでしょうか?
 日常である逗子や鎌倉周辺であろう海辺の風景が、何点かありました。


 「コロナの影響って、あるんですか?」
 「うちみたいな地方の画廊は、関係ないですね。そもそも密になりませんから」

 それでも都会のギャラリーやデパートなどで展示開催している同業者は、それなりに自粛を強いられているところもあるそうです。

 「作家は、どうなんですか?」
 「それぞれ個人差があると思いますが、なかには 『そもそも貧乏だからコロナも何も関係ない』 という方もいます(笑)」
 「彼なんかは、どうなんだろう?」
 「さあ、どうなんでしょうね。直接、本人に訊いてみてください(笑)」

 ということで、会期中に、もう一度、彼を訪ねて、真相を解明することにしました。



           久保 繁 展
    Le temps de Bonheur ~幸せの時~

 ●会期  2021年1月16日(土)~24日(日)
        10:30~19:00 (火曜休、最終日17:00まで)
 ●会場  画廊 翠巒 (すいらん)
        群馬県前橋市文京町1-47-1 TEL.027-223-6311
 

同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 「アンコール口演」 開催日変更のお知らせ (2021-02-07 12:44)
 来社来演、御礼申し上げます。 (2021-01-31 18:40)
 初口演間近! 書き下ろし紙芝居 (2021-01-27 11:58)
 昭和33年のカラー写真 (2021-01-19 12:15)
 初演日時決定! 『新春神社かみしばい』 (2021-01-06 11:47)
 世界の国から 「あけましておめでとう!」 (2020-12-30 12:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Le temps de Bonheur ~幸せの時~
    コメント(0)