温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月18日

悪魔祓いの季節


 トン、トン、トコトン、トン、トン、トコトン……
 「悪魔っぱら~い! 悪魔っぱら~い!」

 朝から町内に、太鼓の音と威勢のいい声が響き渡りました。
 昨日は 「神楽廻し」 の日。
 冬と夏、年2回行われます。


 僕が暮らす前橋市南部の町には、上神様と下神様という2つの神社があり、氏子たちは 「年番」 という制度により、持ち回りで神の使いとなり、一年間、ご奉公します。
 町内は11班に分かれ、僕の班は8戸が氏子に在籍しています。
 各班1人ずつ、1年ごとに年番は移りますから、僕には8年に1度、そのお役目が回って来るわけです。
 今年、僕は11人の選ばれし 「神の使い」 の1人になりました。

 「神楽廻し」 とは、獅子頭を先頭に、家々をまわり、1年間の無病息災や家内安全をお祈りします。
 獅子頭は体力が必要なため、毎回、若者の役割です。
 僕も昔は、「ほれ、若い人が率先して廻さなくて、どうするんだ!」 なんて長老に言われて演じていましたが、これが、かなりの重労働なのです。
 町内の約100戸を3~4時間かけて回るわけですから、夏の例祭では、脱水症状を起こして倒れる騒ぎになるくらいです。


 8年前の前回、僕は五十路ということで、太鼓担当になりました。
 一番、重要な役目です。

 トン、トン、トコトン、トン、トン、トコトン……

 いわば、この音が神楽がやって来る合図となります。
 家に近づくにつれ、音が大きくなります。
 「ほれ、そろそろ神楽が来るぞ!」
 と氏子たちは、お布施を用意して、玄関先に出て、迎える準備をするのです。

 「悪魔っぱら~い! 悪魔っぱら~い!」

 最近は、玄関先で、獅子の口をパクパクさせるだけの簡易なものになりましたが、昔は、一軒一軒、家の中まで入り、各部屋すべてで神楽を廻したものでした。
 寝たきりの年寄りがいれば、床まで行って、「悪魔っぱらい」 と言いながら、お祓いをしました。


 で、今回は、僕も還暦を過ぎました。
 ので、さらに労働力の少ない 「大麻(おおぬさ)」(大幣とも書く) の担当です。
 大麻とは、よく神主さんが振っている 「紙垂(しで)」 と呼ばれるギザギザの白い紙が付いた棒です。
 この棒を振りながら、町内を歩きました。

 「悪魔っぱら~い! 悪魔っぱら~い!」

 でも今年は、いつもの年と、かけ声が少し違います。

 「コロナ退散!」
 が加わりました。


 次回の神楽廻しは、8月です。
 その時は、いつもの年と同じかけ声であることを願うばかりであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
悪魔祓いの季節
    コメント(0)