温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月19日

昭和33年のカラー写真


 今日は、ごく限られた狭いエリアの話をします。


 向町、琴平町といえば、現在の平和町や住吉町、昭和町界隈の旧町名であります。
 そこは、どこかといえば、前橋市街地北部の敷島小学校周辺です。

 なぜ、唐突に、そんなエリアの話をするのかと言えば、それは一片の小さな新聞記事に端を発します。


 <一昨年末、前橋敷島小 (同市昭和町) のPTA本部役員がPTA室を大掃除中、昭和20~30年代のスライドフィルムを偶然発見したという。開校90周年に合わせて当時のPTA関係者らが学校周辺の様子を撮影したものだった。歴史を伝える貴重な記録ととらえた本部役員は、最も多い1958(昭和33)年のフィルムをデジタル化し110点余りを印刷した。>
 (2021年1月17日付 上毛新聞より)

 なぜ、この記事に惹かれたか?
 まず、昭和33年は、僕の生まれた年だからです。
 そして、もう1つ、敷島小の学区である琴平町には、僕の母の実家があり、母も敷島小の卒業生でした。
 よって、僕は生まれた時から、その周辺で遊び育ったのであります。
 (同じ年のいとこも、敷島小の卒業生です)


 ということで、どうしても、僕が生まれた年の琴平町の風景が見てみたくなり、行って来ました。

    『前橋の今昔写真展』
 ●会場  前橋平和町郵便局
 ●会期  1月29日(金) まで
 ●主催  前橋敷島小PTA本部


 展示を見て、まず驚いたのは、写真の画像のクォリティーです。
 しかも、展示されている111点が、すべてカラー写真です。

 「えっ、当時は、まだ白黒だったでしょ?」
 との僕の疑問に、
 「スライドフィルムで残っていたからですよ」
 と、わざわざ奥から出てきて説明してくださった郵便局長さん。
 ご丁寧に解説をしていただき、ありがとうございました。


 向町、琴平町などの学校周辺から、細ヶ沢町、堅町、小柳町、萩町、桑町といった今は無き中心市街地の旧町名地区の写真も展示されています。

 「麻屋デパート」(昭和8年創業) が写っています。
 でも 「前三百貨店」 の写真はありません。
 あれ? と思ったら、前三ができたのは昭和39年でした。

 展示には工夫がされていて、現在の写真が添付され、今昔の比較がされています。
 現在も営業している老舗の菓子店もありますが、閉店してしまった書店もあります。

 「懐かしいですね」
 「ええ、よく残っていましたね」
 隣で見ていた初老の男性と、つい言葉を交わしていました。


 63年前の古き良き昭和の風景……
 ただただ時を忘れて、見入っていました。


同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 日本一の埴輪県 “ぐんま” (2021-02-19 11:36)
 「アンコール口演」 開催日変更のお知らせ (2021-02-07 12:44)
 来社来演、御礼申し上げます。 (2021-01-31 18:40)
 初口演間近! 書き下ろし紙芝居 (2021-01-27 11:58)
 Le temps de Bonheur ~幸せの時~ (2021-01-17 15:05)
 初演日時決定! 『新春神社かみしばい』 (2021-01-06 11:47)

この記事へのコメント
近所なので先週うかがいました。
スマホで撮って4点補正をしたファイルがありますので、ご要望ならばメールでお送りできます。(メルアドをLINEでお知らせください)
現場の光が写りこんでいますが、懐かしさには何も支障はないと思います(^_-)-☆
Posted by カズ at 2021年01月20日 22:21
カズさんへ

お世話になっています。
今年もよろしくお願いします。
もし可能ならば、PCメールでお願いします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2021年01月21日 09:04
昨夜は酔っていて、メルアドを知っていたことを失念していました(^^;)
先ほどお送りしましたが、8MBオーバーなので無事に届いていればよいのですが...
こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by カズ at 2021年01月21日 10:26
カズさんへ

確認しました。
ありがとうございます。
カズさんが写り込んでいて、楽しいです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2021年01月21日 14:25
無事お手元に届いたようでよかったです。バッチリ写り込んでいるのがありましたね。マスク姿なのでわかる人はわずかでしょうが(^^;)

ふと気づいたのですが、ウチの父は1923年生まれの敷島小卒なので、お母さまが入学したときに5年生だったみたいです。ちなみに母は27年生まれの93歳。
まさかと思い高校の同窓会名簿を確認したところ、なんと同級生ではないですか!〇〇町2丁目が実家でしたし、旧姓にも納得。こんなところまでにも縁があるなんてビックリです。今度実家に行ったら小暮さんのお母さまのことを聞いてみますね。
Posted by カズ at 2021年01月22日 14:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
昭和33年のカラー写真
    コメント(5)