温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年01月21日

同姓同名の殺人鬼


 あれから、もう23年も経ったのですね。
 いまだに犯人は、捕まっていません。


 平成10(1998)年1月14日、群馬県の旧群馬町 (高崎市) で一家3人が殺害された事件。
 小暮洋史 (こぐれ・ひろし) 容疑者 (51歳) は、知人女性宅に押し入り、女性の祖母 (当時85歳) と両親 (ともに当時48歳) を殺害した疑いがあり、全国に指名手配されました。

 が、23年が過ぎた現在でも逮捕はおろか、逃亡に使った車すら見つかっていません。


 当時、我が家は騒然としました。
 だって、容疑者とオヤジとが同姓同名だったからです。

 オヤジの名前は小暮洋 (こぐれ・ひろし)。
 容疑者のほうが一字多いものの、それ以外の漢字と読みは、まったく同じです。
 オヤジは、さぞかし困惑していたと思います。

 「ま、歳がだいぶ違うからね。誰も同一人物だとは思わないだろうけど、殺人犯と同姓同名っていうのは、いい気持ちはしないな」
 そう言いながら暗い表情を浮かべたオヤジの顔が思い出されます。

 当時、小暮洋史は28歳。
 オヤジは74歳でした。

 「早く捕まって、くれねえかな」
 ニュースが報道されるたびに、そうオヤジは、つぶやいていました。


 過去には、大久保清や宮崎勤といった殺人犯と同姓同名の人が、戸籍の名前を変えたという話を聞いたことがあります。
 実際、名字が同じというだけで、いじめに遭った子どもたちは、大勢いたようです。

 一昨年、オヤジは、小暮洋史逮捕の知らせを聞くことなく、この世を去りました。
 最後は認知症が進んでいたので、もう殺人事件のことなど忘れていたかもしれませんが、子としては、生きているうちに逮捕され、安心して見送ってあげたかったと、少しばかりの無念は残ります。


 一日も早く、犯人逮捕のニュースをオヤジの墓前に知らせてあげたいと思います。

 がんばれ、群馬県警!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
同姓同名の殺人鬼
    コメント(0)