温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年02月12日

おかげさまで重版出来!


 好きな四字熟語は? と訊かれたら、僕は迷わず、こう答えます。

 「重版出来」

 <じゅうはんしゅったい> と読みます。
 あまり聞きなれない言葉ですが、実は、出版に携わる人たちの業界用語なんです。

 「重版」 とは、書籍などの出版物が初版の発行部数を上回って、刷り版を重ね、さらに発行すること。
 一般にいう “増刷” のことです。
 「出来」 とは、その製品ができあがることをいいます。

 まあ、ひと言でいえば、業界人にとっては、出世や昇給よりも価値のある称賛の言葉といえます。
 まして、組織に属さずフリーランスで仕事をしている編集者やライター、作家にとっては、すでに過去にやった仕事で、また収入が入るわけですから、喉から手が出るほどあこがれる四字熟語であります。


 突然、なんで、そんな話をしたかというと……

 やりましたーーーーーっ!!!!
 2018年8月に出版した拙著 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) が、つ、つ、ついに、増刷されることになりました~!

 苦節、2年6ヶ月。
 雨の日も風の日も、書店の店頭もしくは奥の棚の中で、ひっそりと読者の手に取られることを願いながら待ち続けた日々……。
 1冊、また1冊と売れて行く喜びを嚙み締めつつ、コツコツと努力を重ねた結果、ついに、出版元の在庫が尽きたのであります。

 ああ、なんて、けなげな本たちなのでしょうか!
 生みの親にとっては、我が子も同然です。
 「みんな、里子に出された先で元気にやってるか!」
 なんて、朗報が届いたときは、そんな思いが込み上げてきて、目頭が熱くなりました。


 ということで、昨日、増刷会議が開かれました。
 出版元のミーティングルームに集まったのは、編集担当者とチーフデザイナーと著者の僕であります。

 ま、会議といっても内容は初版と同じですから、大それたことは話しません。
 ただ、奥付 (著者の略歴や発行年月日が記された最終ページ) や表紙まわりに若干の変更が加わります。

 そして、今回、“重版出来” を記念して、帯が付くことになりました!

 ので、会議では、帯に印刷されるキャッチコピーの言葉選びが中心に議論されました。


 増刷本が書店に並ぶのは、3月中旬の予定です。
 同時に、初版時にも行った 「表紙原画展」 も 「増刷記念」 と銘打って、県内の書店をめぐる巡回展を企画しています。

 まだ、お読みでない人は、ぜひ、この機会に、ご購入ください。
 すでに、お読みの方は、増刷記念本としてコレクションに、もう1冊、お買い上げください。


 「重版出来」

 いや~、何度聞いても、いい響きですね。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 知的好奇心を刺激する謎学の旅へ (2021-02-06 11:35)
 次はあなたの街へ (2020-03-08 13:45)
 残り1週間! 表紙画展 (2020-02-29 11:40)
 巡回展第2弾、本日より開催! (2020-02-01 12:42)
 表紙画展 in MAEBASHI (2020-01-27 16:51)
 表紙画展、盛況終了! (2019-09-02 10:48)

この記事へのコメント
マロパパ先生

わ~~!うれしいニュース!!
おめでとうございます!!
すでに3冊は購入しておりますが(お友達への贈呈用)
重版も、買います!
楽しみにしています☆
祝杯をあげねば!!(=゚ω゚)ノ

ムクより
Posted by ムク at 2021年02月12日 14:11
ムクさんへ

毎度、お買い上げ、ありがとうございます。
増刷版は、微妙に表紙まわりのデザインが変わります。
初版本と並べて、比較してみてください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2021年02月13日 09:32
淳さん、おめでとうございます!
Posted by タカトシ at 2021年02月14日 14:17
タカトシさんへ

ありがとうございます。
第2弾の続編が出版される暁には、みなかみ町の 「曲水」 も収録される予定です。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2021年02月15日 10:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おかげさまで重版出来!
    コメント(4)