温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年02月20日

コロナに惑う子どもたち


 東京駅八重洲中央口、タクシー乗り場。

 先日、僕は講演会場へ急ぐため、改札口を抜けると、タクシー待ちの列を探して、走りました。
 「えーっと、えーっと、最後尾は……、えっ!」
 タクシー乗り場に、ズラリとタクシーは並んでいるものの、乗車待ちをする客の姿は、まったくありません。
 「ここって、東京駅だよね? 前橋駅じゃないよね?」
 そんな不安を抱えながら、先頭車両へ。

 スーッとドアが開きました。
 「乗っても、いいんですか?」
 「はい、どうぞ」
 「あ……、ビックリしました。お客が並んでないんで」
 そういうと、運転手は、
 「これが現状ですよ」
 と苦笑いをしました。

 まざまざと、コロナ禍の影響を目の当たりにしました。


 コロナ禍では、目に見える影響と見えない影響があります。
 飲食店などには、“時短営業” が余儀なく求められましたが、その代わり補償金が出されています。
 そもそも売り上げの少ない店では、思い切って店を閉めたほうが 「実入りが良い」 などという話も聞きます。

 飲食店に限らず、このコロナ禍では、ほとんどの業種で収入が落ちていることは確かです。
 私たちは今、大変な世の中にいるんだと、つくづく思います。
 でも、それらは、すべて大人の世界の話。

 大人は、経験もあり、知恵もあり、他人に相談することもできます。
 では、子どもたちは?


 先日、ショッキングな統計が発表されました。

 <2020年の全国の小中学生と高校生の自殺者数は、前年比140人 (41.3%) 増の479人 (暫定値) となり、過去最多を更新した。>
 (2021年2月16日付 毎日新聞)

 小学生14人 (前年比8人増)
 中学生136人 (同40人増)
 高校生329人 (同92人増)

 高校生では、特に女子が前年の約2倍の138人と急増しています。


 これについて文部省 (児童生徒課) は、
 「新型コロナウイルスの感染拡大による社会不安が影響した可能性がある」
 とコメントしています。
 でも、なぜ、子どもたちが?

 その問いに、さる大学教授 (生徒指導論) が、こう話しています。
 <子どもの自殺が急増したのは複合的な要因が考えられる。コロナ禍で社会不安が広がり、「新しい生活様式」 によって孤立化も進んだ。長期間の休校とそれに伴う学習の遅れの挽回で、家庭に問題を抱えている子と学校が苦手な子の両方に負荷がかかった。コロナ禍が終息するまでは、これまで以上に自殺リスクが高い状態が続く可能性が高い。>


 大人たちには、なんらかの救済があるのに対して、未成熟な子どもたちに差し伸べる手はないということなのだろうか?
 本来ならば、大人が子どもの異変に気づき、フォローしていたことが、このコロナ禍で大人たちも手いっぱいで、意識が届かなくなってしまったということなのか?

 自粛により家族時間が増えたこと、それ自体が 「地獄だ」 と言った子どもがいました。

 コロナの弊害は、まだまだ続きそうです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 カメラマンの目 (2021-02-21 11:48)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)
 恋の占い 「アキストゼネコ」 (2021-02-09 14:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
コロナに惑う子どもたち
    コメント(0)