温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年02月21日

カメラマンの目


 <さすが、記者のカメラじゃないよなぁ>

 地元紙に記事が掲載された日の午前中、“彼” を知る友人から早々にメールが届きました。
 そう言われて、朝刊を広げると、確かに他の紙面の写真とは、一見して分かる “画力” を放っていました。


 先月末、伊勢崎市の神社で催された 「神社かみしばい」 の記事です。
 当日は、『いせさき宮子の浦島太郎』 という、ご当地民話の初披露がされ、新聞やテレビなどの地元メディアが多数、取材に駆けつけてくれました。
 出典が拙著 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) ということもあり、物語 (文) は僕が書きました。

 で、翌日、某紙に掲載された新聞記事の写真が、他紙に比べ、ダントツのリアリティーをもって、場の雰囲気を伝えていたのであります。
 その写真を撮った “彼” とは、僕の中学~高校時代の同級生です。
 また、紙芝居を口演した、ちんどん芸人も同じ高校の同級生です。


 彼は現在、地元新聞社のカメラマンをしています。
 若い頃は東京へ出て、フリーのカメラマンとして活躍していました。
 結婚と同時に帰郷し、地元の新聞社の写真部に就職しました。

 あれから30余年。
 彼は組織の中であがきながらも、カメラだけは手放しませんでした。
 部署は転々としましたが、それでも 「ここぞ」 という記事では、彼の写真が名入りで掲載されました。


 僕の同級生ですから、すでに彼は一度、定年退職しています。
 でも彼は定年間際に、自ら役職を捨て、「最後はカメラマンとして終わりたい」 と所望し、人生のスタート地点である写真部に戻りました。

 そして定年。
 さらに再雇用となり、現在は若手の育成に尽力しています。


 その彼が、「同級生2人が演じるならば」 と、記者とは別に、わざわざカメラを手に、やって来てくれたのです。

 「悪いね、わざわざ巨匠に来ていただいちゃって(笑)」
 と言えば、
 「相変わらず、お前らはヤンチャだな(笑)」
 と返された。
 高校時代の “3馬鹿トリオ” は、今も健在です。


 そんな彼が撮った写真には、その日のドラマが、すべて映り込んでいます。
 紙芝居を語る演者の姿、それを食い入るように見つめている子どもたち。
 さらに、この場が神社の境内であることが、ひと目で分かるように社殿や灯ろうまでもが、きっちりフレームに納まっています。

 さすが、臨場感があります。
 ともすると、紙芝居のアップ写真だけになり、“開催された” という報告だけになりがちです。
 でも彼の目線は、限られた新聞記事の紙面では表現しきれない細部の描写までも、1枚の写真に収めているのです。

 我が同級生ながら、見事としか言いようがありません。
 まさに、職人技であります。


 つくづく、歳は重ねるものだと知らされました。
 彼を見習い、人の心に届く仕事をしていきたいものです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 エスカレートする不機嫌な大人たち (2021-03-03 12:50)
 もしも誰かと入れ替われるなら…… (2021-03-02 10:57)
 コロナに惑う子どもたち (2021-02-20 12:13)
 小銭のぬくもり (2021-02-15 13:29)
 ハナシのハナシ (2021-02-14 11:28)
 恋の占い 「アキストゼネコ」 (2021-02-09 14:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カメラマンの目
    コメント(0)