温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年08月30日

正夢の確率


 こんなことって、ありませんでしたか?

 たとえば、ふだんは口もきいたことのない異性のクラスメートが、なぜか夢に出てきて楽しそうに会話をした。
 以来、クラスの中で、その人のことが気になってしまい、やがて好きになってしまった。
 するとクラス内でもウワサになり、互いを意識するようになり、結果、付き合うことに……

 実は、これ、実際に見た僕の “正夢” です。
 またの名を 「予知夢」 といいます。


 どうして夢は未来を予言するのだろうか?

 この夢がきっかけとなり、僕は中学生の頃から 「夢日記」 を付けるようになりました。
 当然、空を飛んだり、怪獣に追いかけられるような荒唐無稽の夢もありますが、朝起きて覚えている限り、つぶさに日記帳に記しました。

 はたして、その結果は?

 正夢になる確率は、数パーセントだったと思います。
 逆のことが起こる “逆夢” の方が多かったかもしれません。

 たとえば、離れて暮らしている祖母が元気な姿で現れたら、数日後に訃報が届いたというような。
 でも、逆夢も予知夢の1つであります。
 必ずしも夢は、吉報だけを届けてくれるわけではありません。

 たぶんデジャビュ― (既視体験) のようなもので、潜在意識の中にある気になる事が正夢や逆夢となり、現れているのだと思います。


 いつからか、僕は夢日記を付けなくなりました。
 歳を重ねると、夢を見る回数が減ったからだと思います。
 正しくは、“朝起きた時に覚えている夢” ですね。

 それだけ、若い頃に比べ、眠りも浅く、感受性も薄れてきているのかもしれません。


 ところが先日、久々に朝起きた時にハッキリと夢を覚えていました。

 場所は東京、都庁前。
 僕は、そびえる庁舎を見上げています。
 珍しくスーツを着て、正装をしています。
 なぜか、僕が東京都から表彰されることになり、都知事に会いに来たようなのです。

 ここで夢は覚めました。

 なんの表彰なのか? なぜ東京都からなのか?
 すべては夢の中に置いてきてしまい、覚えていません。

 はて、これは正夢なのでしょうか?
 数パーセントの確率に期待して、気長に結果を待つことにします。
 (もしかして、逆夢だったりして……)
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 アナログ・ドライブ (2021-09-28 11:44)
 ら抜き言葉に御用心 (2021-09-27 10:24)
 見るに見かねて (2021-09-25 11:21)
 オオカミに乗って (2021-09-18 17:27)
 ケツの穴とカッパの手 (2021-09-12 12:06)
 サバの塩焼きにしよう! (2021-09-07 16:00)

この記事へのコメント
正夢としたら、こんなことではなかったのか。

コロナにより、すべての温泉地が閉鎖された。

コロナの陽性になった小暮師匠が、自宅での療養では家族に迷惑をかけると思い、療養のため、顔が利く群馬県の温泉地を巡っていたら、たまたまコロナに効く温泉の入浴方法を発見し、東京都民の命を救ったという事で、東京都知事から表彰してもらえた。

草津温泉に入り、次に四万温泉で飲泉し、川古温泉に12時間入浴して、最後に奈女沢温泉で念仏を唱えながら温泉に浸ると、なんと不思議なことにコロナが陽性から陰性に変わってしまったではないか。

これは良い方法だと、群馬県民に伝えるが誰も信じてくれない。

藁をもすがりたい東京都民は、信じることにして群馬県の温泉地に殺到した。

ちょっと怖い正夢です(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2021年08月30日 15:45
ヒロ坊さんへ

その妄想力に脱帽です!
もし、それが正夢なら東京都からの表彰にとどまらず、ノーベル賞ではないでしょうか?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2021年08月31日 11:28
群馬の温泉地が昔から言い伝えられている効果を、お知らせしたい正夢でした。

他では、群馬の地酒を何種類か混ぜて、カクテル飲酒をしたら、コロナが治ってしまったとか(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2021年08月31日 13:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
正夢の確率
    コメント(3)