温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年08月31日

コロナ狩り


 <住みにくい世の中だよ>

 こんなコメントとともに、一枚の写真が添付されていました。
 友人からのメールです。

 写された場所は、どこかの駐車場のようです。
 停車している車のワイパーに、チラシのような紙が、はさまれています。
 紙の中央には、大きく太字で、こう書かれています。

 《県内全域 緊急事態宣言》

 その下には、長々とこんな文面が続きます。

 《コロナウイルスを都会から一生群馬に持ち込むな!》
 《二度と群馬県に来るな!》
 《ネット上にナンバープレートと車体を晒します。》


 今時の “自粛警察” を気取ったトンチンカン野郎のしわざと思いきや、これが違います。
 これらの文面は手書きではなく、すべて印字なのです。

 しかも、しっかりと警告主の身元も明記されています。
 「○○町×丁目自治会」 と……

 身の毛もよだつ警告文であります。

 ついにコロナは人間の肉体だけではなく、精神もをむしばみはじめたようです。
 これでは、“魔女狩り” ではないか!


 県外ナンバーというだけで、魔女とみなし、札を貼って、追い出そうとする。
 相手の事情など、お構いなしだ。
 ここは日本なのだろうか?
 日本人って、もっと相手の身になって思いやれる人種ではなかのか?

 有無を言わせず、実力行使に出る、この暴挙!
 それも個人のしわざではなく、自治体ぐるみという組織犯罪ですぞ!


 メールの最後は、こう綴られていました。

 <寂しいね~ コロナは人の心の奥底まで蝕んでいくんだね>


 正義という名を借りた “コロナ狩り”
 許せん!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 アナログ・ドライブ (2021-09-28 11:44)
 ら抜き言葉に御用心 (2021-09-27 10:24)
 見るに見かねて (2021-09-25 11:21)
 オオカミに乗って (2021-09-18 17:27)
 ケツの穴とカッパの手 (2021-09-12 12:06)
 サバの塩焼きにしよう! (2021-09-07 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
コロナ狩り
    コメント(0)