温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年09月05日

怒りの沸点


 <麻痺してきて、どんなに醜い事件をニュースで知っても、なんにも感じなくなってしまいました。防衛本能かもしれないけど>

 親しい友人からのメールに、ハッとさせられました。
 そして、脳裏に浮かんだのは、最近起きた2つの事件でした。


 【硫酸事件】
 東京の地下鉄構内で、若い男性が顔に硫酸をかけられ重傷を負った事件です。
 容疑者の男と被害者は、大学の先輩後輩の関係。
 過去にタメ口をされた、夜中に 「家に泊まらせてくれ」 というLINEを送ったら断られ、ブロックされた……
 どうも、そんな些細なことが犯行の動機のようですが、だとしたらあまりにも浅はかな理由です。
 自分勝手な動機です。

 【高3女子遺体遺棄事件】
 ツイッターで知り合った女子高生を、夫婦で呼び出し殺害し、遺体を山中の物置小屋に遺棄したという、なんともおぞましい事件です。
 女子高生と知り合ったのは夫であり、それに嫉妬した妻の言いなりとなり、2人で殺害。
 その殺害方法が常軌を逸しています。
 ロープで首を絞めた上に、ナイフでめった刺しというのですから、普通の人間ができることではありません。


 2つの事件に共通しているのは、動機の軽さです。
 「その程度の理由で?」 と誰もが思ってしまうことが、容疑者たちには 「殺したいほど憎い」 ことのようです。

 異常に “怒りの沸点” が低いのです。


 一概には言えませんが、背景には “便利になった世の中” も無関係ではないような気がします。
 「便利」=「思い通りになる」 に慣れてしまい、「思い通りにならないこと」 への心の処理の仕方が分からなくなってしまっているのではないでしょうか?

 世の中、そうそう自分の思い通りなんてなりませんって!
 「運がない」 とか 「自分の努力が足りないからだ」 とか、諦められるからこそ、人生は次に駒を進められるのではないでしょうか?


 それにしても “醜い事件” が多過ぎます。
 友人の “防衛本能” という言葉が、重く心に響きます。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 アナログ・ドライブ (2021-09-28 11:44)
 ら抜き言葉に御用心 (2021-09-27 10:24)
 見るに見かねて (2021-09-25 11:21)
 オオカミに乗って (2021-09-18 17:27)
 ケツの穴とカッパの手 (2021-09-12 12:06)
 サバの塩焼きにしよう! (2021-09-07 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
怒りの沸点
    コメント(0)