温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年09月09日

なぜか今 「焼きまんじゅうろう」


 <懐かしいのは祭りの日、露店で食べた焼きまんじゅうの味。「武骨だけど、どこかほのぼのとしている。群馬の魅力に通じるものがありますね」
  その焼きまんじゅうをキャラクター化した絵本紙芝居 「焼きまんじゅうろう」 が8月に完成。友人たちの手によって伊勢崎神社 (伊勢崎市) の境内で披露される。>
 (2021年9月6日付 朝日新聞群馬版より)


 「焼きまんじゅうろう」 は、2008年に前橋市在住の木彫・絵本作家、野村たかあき先生により誕生した郷土のキャラクターです。
 当時、先生から 「ジュンちゃん、こんなキャラクターを作ったからテーマソングを作曲してよ」 と手渡されたのが2作の詞でした。
 『焼きまんじゅうろう 旅すがた』 と 『焼きまんじゅうろう 子守歌』。

 さっそく、この詞に曲を付けて、その年のライブから我がバンド 「ジュン&クァパラダイス」 が演奏を始めました。
 やがてレコーディングされ、CDが地元のラジオ局で放送されると、県内のイベントや祭りに呼ばれるようになりました。
 また同時に高崎市のフリーペーパー 「ちいきしんぶん」 で、キャラクターが県内の焼きまんじゅう文化を紹介する 『焼きまんじゅうろうが行く』 という記事の連載もスタートしました。


 苦節13年、なぜか今 「焼きまんじゅうろう」 が再燃しています。
 今年になって、これで2度目の新聞記事です。
 (当ブログの2021年6月12日 「今日の朝日新聞 “拙者、焼きまんじゅうろうでござる!” 参照)

 今週の記事では、こう締めくくられています。
 <三度笠にかっぱ、脇差しといういでたち。必殺技 「あまから剣法みそだれ返し」 でみそを飛ばし、悪者を退治する正義の味方だ。>


 興味を持った方は、ぜひ、伊勢崎神社へ。
 「神社かみしばい」 の詳細は、
 (当ブログの2021年8月27日 「紙芝居 『焼きまんじゅうろう』 完成!」 参照)


同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 ニューヒーロー誕生! (2021-09-20 11:21)
 「神社かみしばい」 9月口演 (2021-09-15 11:54)
 紙芝居 『焼きまんじゅうろう』 完成! (2021-08-27 12:35)
 8月口演 中止のお知らせ (2021-08-11 11:39)
 「神社かみしばい」 7月口演 (2021-07-07 11:20)
 『やんちゃももたろう』 初口演 (2021-06-21 11:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜか今 「焼きまんじゅうろう」
    コメント(0)