温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2021年09月12日

ケツの穴とカッパの手


 どこかの県の知事さんが、SNSなどのインターネット上で誹謗中傷を書かれたことに腹を立て、訴訟まで起こし、特定した発信者に謝罪をさせたらしいですね。
 書き込みというのが、「詐欺師」 「犯罪者の一人」 「馬鹿丸出し」 「賄賂や不正金のオンパレード」 といった内容だったようですが、その程度で? と思ってしまったのは僕だけでしょうか?

 その程度なら47都道府県の知事のもとには連日、届いていそうですが……

 でも知事さんは、言います。
 「知事自ら立ち向かう姿勢は県民の啓発になる。表現の自由と、他人を中傷する人格攻撃は明らかに違う」

 そこまで言われてしまうと、“ごもっとも” と屈服するしかありません。
 悪意のある誹謗中傷は、ささいなものでも無いに越したことはありませんものね。


 さる会合の席で、この話題がでました。 
 すると某氏が、バサッとひと言で切り捨てました。

 「ケツの穴が小さい男だよ」


 ケツの穴? 尻の穴? えっ、どっちだろう?
 よく使う言葉だけど、これって “ことわざ” なの?

 どんな時に使う言葉かといえば、「度量がせまい」 とか 「小心者」 のたとえに使いますが、“ケツ (尻) の穴” が小さいって、どういうことよ?


 「尻の穴」 と聞くと、僕は、どうしてもカッパの話を思い浮かべてしまいます。
 河童伝説は日本全国にあります。
 もちろん群馬県内にも東西南北、いたる地域に残っていますが、僕が思い浮かべるのは、妙義山のカッパの話です。

 妙義山のカッパは、人間に化けて里に現れます。
 ある日、一人の村人が畑仕事をしていると、見慣れない若者がやって来て、「おらにも、手伝わせてくんろ」 と言いました。
 村人は、「今時の若者にしては、なんて親切なんだろう」 と感心しながら、一緒に畑を耕しました。
 ところが、なんだか若者の様子がおかしいのです。
 時々、若者は村人の尻のあたりに手を出しては、引っ込めています。

 「おかしなヤツだなぁ……」
 と思っていましたが、やがて村人は、若者がカッパだと気づきます。
 カッパは人間の内臓が大好物で、尻の穴から手を入れて、引っ張り出して食べると聞いていたからです。
 一計を案じた村人は、家に帰り、尻に金網を入れて畑にもどりました。

 すると若者に化けたカッパは、
 「あんたの尻は、硬くてかなわない。もう人間を食うのはよそう」
 と言って、逃げ帰ったといいます。


 尻の穴が小さければ、カッパの手は入りませんから、防御になります。
 転じて、“臆病者” や “心配性” のことを言うようになった言葉……
 なーんてことは、ありませんよね。

 たぶん、本当の語源は違うところにありそうですが、カッパの話も言い当てていて妙であります。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 アナログ・ドライブ (2021-09-28 11:44)
 ら抜き言葉に御用心 (2021-09-27 10:24)
 見るに見かねて (2021-09-25 11:21)
 オオカミに乗って (2021-09-18 17:27)
 サバの塩焼きにしよう! (2021-09-07 16:00)
 検索中毒 (2021-09-06 11:12)

この記事へのコメント
毎日拝見しておりますよ。

私は「尻子玉」ですねえ。河童に尻子玉を抜かれる……。
尻子玉って何でしょうね。

川で遊ぶ若い女の子が
河童に尻子玉を抜かれて血を流していたとか……
それは生理現象だって?
Posted by T課長 at 2021年09月13日 09:12
T課長さんへ

尻子玉は、肛門の裏側にあるとされているカッパの好物のようですね。
カッパは特に女性を好むといわれていますから、性教育の一環として、そんな話が伝わったのかもしれませんね。

河童伝説は奥が深くて、調べ出すと飽きません。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2021年09月13日 11:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ケツの穴とカッパの手
    コメント(2)