温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年02月18日

高崎観音山温泉「錦山荘」

 支配人が替わったとのことで、「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄)の取材を兼ねて、「錦山荘」へ挨拶に行って来ました。榛名や倉渕と合併するまでは、高崎市内唯一の温泉地(宿泊施設のある温泉)でした。宿の創業は昭和4年、それ以前は「清水(きよみず)鉱泉」と呼ばれる共同浴場があり、たいへん賑わっていたといいます。

 あまり知られていませんが、母屋には創業当時をしのぶ、客室が残されています。「桜の間」には桜を、「竹の間」には竹を、「楓の間」には楓を、「桐の間」には桐の銘木を使った長押(なげし)や回り縁、網代(あじろ)天井など、日本建築の粋を極めた内装美には、80年という歴史の重みを感じます。
 その明媚な風光と品格から「高崎の奥座敷」呼ばれ、新渡戸稲造や犬養毅など、当時の政治家や実業家たちに利用されていました。

 こんな身近なところに、歴史と文化の香り高き老舗温泉旅館があるなんて。やっぱり湯の国群馬は、素晴らしい!

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのトラックバック
高崎観音山温泉錦山荘に行ってきました。観音山の上部の森の中にあり静かな佇まいで宿泊もできるようです。料金はHPのクーポンを印刷したので100円引きの550円です。温泉は階...
高崎観音山温泉 錦山荘【渋川伊香保日帰リ温泉部】at 2010年05月24日 16:34
この記事へのコメント
錦山荘は2年程前に温泉に、長野県上田市にいる親友と一緒に入ったことがあります。

大正時代の写真もあったから、かなり昔からある古き良き温泉ですね。
Posted by 堀 智幸(CFP認定者) at 2010年02月18日 22:50
群馬には、こんなにも身近なところに良い温泉があるんですね。
湯の国ぐんま、バンザ~イ!
Posted by 小暮 at 2010年03月04日 11:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
高崎観音山温泉「錦山荘」
    コメント(2)