温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年02月27日

半出来温泉「登喜和荘」

 僕が顧問を務める「ぐんま温泉倶楽部」の代表・本多輝雄さんから、ときどき電話をいただきます。
 午後にかかってくる電話は仕事に関することが多く、午前にもらう電話は決まって温泉のことです。それも「これから○○温泉に行きます」とか「今、○○温泉にいます」という、報告電話。彼は現在、「ぐんま温泉倶楽部」のバイブル(教本)でもある僕の書いた『ぐんまの源泉一軒宿』に載る全50温泉地を制覇中なのであります。
 一昨日も「これから半出来温泉へ行って、泊まってきます」との報告がありました。

 大概の温泉は仕事で訪れるのが最初の出会いですが、半出来だけはプライベートで訪れたのが最初でした。きっかけは、やはり「はんでき」という、なんともユニークな温泉名に興味をそそわれたからです(温泉名の由来については、拙著を参照ください)。
 泉温42.5℃ 加水なし 加温なし 完全放流式の上質な湯が魅力の一軒宿。ぬる湯好きには、たまらない温泉です。
 特筆すべきは、難易度A級の混浴露天風呂があること。男女とも素っ裸のまま、庭園の中を歩いて、吾妻川をのぞむ露天風呂へ向かいます。混浴好きな女性の方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 ちなみに、このブログのタイトルバックの写真が、半出来温泉の混浴露天風呂です。トリミングされていて背景は写っていませんが、後方に吾妻川にかかる吊り橋が見えます。JR吾妻線の無人駅、袋倉駅から河川敷へ下りて、吊り橋を渡り訪ねる、まさに秘湯です。
 国道から車でも行けますが、ぜひ電車で訪ねてみてください。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
半出来温泉「登喜和荘」
    コメント(0)