温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月10日

塩河原温泉「渓山荘」

 月刊Deli-J(でりじぇい)5月号の取材で、塩河原温泉に行ってきました。
 川場村の薄根川ほとりに、100年以上前から自噴する温泉です。浴感が、つるつるすべすべすることから「美人の湯」として知られています。全国に「美人の湯」と称する温泉はあまたとありますが、こちらのは源泉名が「美人の湯」なのです。通称や俗称ではありません。

 一軒宿の渓山荘へは、かれこれ10年近く取材で通っています。今回は、2代目女将の柳操さんに話を聞きました。
 「美人の女将、と書いてもいいですか?」と僕。すると「いえいえ、美人の湯の女将です」とすかさず軽妙なジョークで返されてしまいました。が、とんでもない。清楚で気品漂う、お綺麗な方なのです。

 浴室にある平成21年の温泉分析書を見ると、泉温:22.5℃、泉質:アルカリ性単純温泉と書かれていました。
 「えっ、単純温泉って、25度以上じゃないの?」と気づかれた方、かなりの温泉通です。僕も一瞬、あれっ?と思いましたが、すぐに、以前いただいた平成9年の温泉分析書を持ってきていることを思い出し、広げてみました。すると、それには泉温:27.8℃とあります。察するに、昨年の検査日は2月の真冬なので、泉温が下がってしまったのでしょう。
 温泉は、自然がつくりだした産物です。自然とは、決して一定ではありません。天候や季節により、泉温も変化するし、湧出量も常に増減します。泉質まで変わってしまうこともあるのです。
 いずれにせよ、pH(ペーハ)9.66というアルカリ性の強い湯がもつ、つるつるすべすべ感は今日も健在でした。「美人の湯」の源泉名に、いつわりはありません。

 こちらの宿の特筆すべきは、村内にあった神社の能舞台を移築・改造したという離れの特別室。お値段も良いようですが、ぜひ一度、泊まりたいものです。もちろんその時は、仕事ではなく、プライベートで。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
行ってきましたか~川場村

私の実家のすぐ近くです薄根川では

魚を突いたり鮎釣りをしたりしていました~。



おかげさまで~らかん亭も4月で10周年を

むかえます、何かイベントをしたいな~~

と思っていますぅイイ~~アイデアがあれば

伝授くださ~~い!!!

近くにお超しの際は、お立ち寄り下さい。
Posted by らかん亭 小林 at 2010年03月10日 23:45
 おおお、10周年ですか。おめでとうございます。
 小林さんと初めてお会いしたのは、さらに10年近くさかのぼりますかね。
 まだ独身で、愛犬と暮らしていた姿が、今でもありありと浮かびます。

 記念すべきイベント、なにか、お力になれれば良いのですが……。
 僕でできることなら、なんでもしますよ。
 
 西毛の温泉に出かけたら、顔を出します。
Posted by 小暮 at 2010年03月11日 02:06
泊まりましたよ~、離れの特別室!(←自慢)
イベントの時だったので、特別価格でした。
まさにお忍び・・・というのがぴったりのお部屋です。
女性は絶対喜ぶと思いますので、是非奥様とどうぞ!
Posted by ゆう at 2010年03月11日 06:53
ゆうさん、ありがとうございます。
女房とだと、お忍びにはなりませんがね。
ま、県内の温泉地は、ほとんど面がわれているので、お忍びには使えないのですよ。
記念日にでも、堂々と家族で利用させてもらいます。
Posted by 小暮 at 2010年03月12日 23:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
塩河原温泉「渓山荘」
    コメント(4)