温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月11日

足利温泉 地蔵の湯「東葉館」

 ちいきしんぶん(ライフケア群栄)に連載している『里山をゆく』の取材へ行ってきました。このシリーズは、車を使わず、公共交通機関のみで移動し、里山の山頂を踏破し、帰りに温泉に入り、酒を飲むのが真骨頂のウォーキングエッセイです。

 シリーズ17回の今回は、JR両毛線の桐生駅から東へ歩き、桐生川を渡り、ガッチン山~雷電山~観音山と菱丘陵を横断して、県境を越えて栃木県足利市へ入り、JR両毛線の小俣駅から帰るという、総歩行時間5時間のハードな行程でした。

 帰りに訪ねた温泉は、小俣駅近くの足利温泉。地元では「地蔵の湯」と呼ばれ、古くからから親しまれている温泉です。
 4代目女将によれば、「湯は明治末期の創業以前から湧いていて、当時は近くの寺院・無量院の所有だった」とのこと。現在も庭内で湧き続けています。

 浴場は内風呂、離れ風呂、露天風呂とあり、源泉風呂は内風呂内にあります。
 鉄分を多く含む赤褐色の濃厚な湯が、酷使した足の筋肉に染み入って、気持ちがいい。
 湯上りは、カメラマン氏とお決まりの生ビールで、下山祝いのジョッキを掲げた。

 山を歩いて、温泉に入って、ビールを飲んで、でもこれが仕事なんですね。
 「それって、一般の人の休日のレジャーですよ」と、よく言われますが。
 毎度のことですが、当然、ビールだけでは終わるわけがなく、今日も無人駅のホームで電車を待つ間、カメラマン氏が持ってきた泡盛と、僕が持ってきた日本酒を並べて、酒盛りが始まってしまいました。
 くれぐれも誤解のないように言っておきますが、これも仕事うちなのです。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
足利温泉 地蔵の湯「東葉館」
    コメント(0)