温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月13日

草津温泉「千代の湯」

 昨日は早朝から夜遅くまで、草津温泉にいました。来月、群馬県が発行する観光雑誌の取材で、カメラマンやデザイナー、プロデューサーら5人で、一日中、草津の町を歩き回って来ました。

 さすが天下の草津温泉です。平日というのに、湯畑や西の河原通りは人でいっぱい。前橋や高崎の街中よりも、はるかににぎわっています。韓国、中国から観光客も多く、卒業旅行でしょうか、若い女性グループも目につきました。

 雑誌で紹介する土産物を探しながら、西の河原へ。いたる所から源泉が噴出し、もうもうと湯けむりを上げるさまは、いつ訪ねても圧巻です。「湯の国ぐんま」と呼ばれるゆえんは、草津あってのものだと、つくづく感じてしまいます。

 ベルツ記念館で、館長の沖津弘良さんにインタビューをしました。
 ベルツ博士が草津の湯の素晴らしさを世界に知らしめたことは、つとに有名ですが、惚れ込んだのは湯だけではなかったのですね。「草津温泉には日本で最上の空気と、理想的な飲み水がある」という言葉を残して、日本を離れたとのこと。
 草津っ子の館長さんの熱のこもった話に、メモを取るのも忘れて聞き入ってしまいました。

 草津温泉には18ヵ所の無料の外湯(共同浴場)と、6ヵ所の有料の立ち寄り湯があります。
 ひととおり取材を終えて、湯畑にもどってみれば、すでにどっぷりと日が暮れていました。だからと言って「お疲れさまでした」と、ここで解散するわけにはいきません。仕事とはいえ、せっかく草津温泉に来たのです。もちろん、僕はいつも仕事で温泉に入っていますが、他のスタッフさんたちのために、外湯をプレゼントしました(無料だってば)。

 せがい出し梁造りの建築様式が美しい旅館が並ぶ滝下通りにある、湯畑源泉を引き込んだ「千代の湯」へ。
 草津の外湯の良さは、4人も入ったらいっぱいになる湯舟のサイズ。じっと浸かっていられるのです。草津の湯特有の押しの強い浴感が、歩き疲れた体にはたまりません。グイグイと抱きしめてきます。

 一日中、草津の町を共に歩き、共に飯を食い、共に湯に入ったスタッフの皆さん、お疲れさまでした。
 いい雑誌を作りましょうね! 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
草津温泉「千代の湯」
    コメント(0)