温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月18日

小野上温泉 「旅館 花山」

 朝帰りしました。少々、二日酔いです。
 出版本の取材で、昨日から小野上温泉に泊り込んできました。

 小野上温泉というと、日帰り入浴施設の温泉センター(現・さちのゆ)のイメージが強くて、温泉地としてはあまり知られていませんが、いえいえどうして、素敵なお宿が4軒もあります。今回は、そのなかでも美人女将のいる宿「旅館 花山」さんへお邪魔してしてきました。

 女将の新井春代さんにお会いするのは初めてなのですが、実は上牧温泉「辰巳館」の社長・深津卓也さんの友人ということで、前回の辰巳館取材のときに紹介していただいたのでした。そのとき、酔っ払って電話で「今度、取材に行きますから泊めてくださいね」なんて、ずうずうしいことを言ってしまったのですが、女将はその約束をちゃんと叶えてくれました。

 お会いして、びっくり! イメージどおりの女性だったのです。きりっとした、宝塚系の美人です。
 そして、もう一つのびっくりが、僕のサイン入り本を持っていたこと! 感激しました。
 昨年暮れに、渋川市で行った講演会でのサイン本だそうです。ご本人は当日、急きょ出席できなくなり、知り合いから譲り受けたとのことでした。
 ということは僕の読者でもあるわけで、取材はとんとん拍子に進み、夜は二次会と称して部屋での酒盛りとなりました。仕事を終えた女将とカメラマン氏と、僕。女将の孤軍奮闘旅館経営苦労話や県内温泉事情などなど、夜が更けるのも忘れて、温泉談義に花が咲きました。

 小野上温泉の歴史や「旅館 花山」については、今秋出版される本に詳しく書きます。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小野上温泉 「旅館 花山」
    コメント(0)