温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月23日

娑婆の空気はうまい!

 4日間のカンヅメ生活から解放されました。
 今日は朝から医者に行ったり、本屋へ行ったり、久々に外食もしてきました。陽気はすっかり春で、若者たちが、まぶしかった! 仕事からの解放感もあり、なんだかとっても気分が良いです。

 毎度感じることは、なんでライターなんて職業を選んでしまったのだろう?という自問自答です。
 カンヅメになっての執筆活動が、大の苦手なのです。集中力も続きません。
 思えば僕は、ライターといえども編集者あがりなんですね。取材が好きで、この道に入りました。だから文章は二の次だったのです。

 「なんでライターになったんだろう?」と思う瞬間は、他にもあります。取材先で、カメラマンと別れるときです。
 「お疲れさまでした。あ、小暮さんはこれからですね。頑張ってください」と必ず、声をかけられます。
 そうです、取材が終わっても仕事が終わらないという、因果な商売なのです。取材+執筆=原稿の方程式があるかぎり、常に倍の労働を強いられます。
 どんな小さな記事でも、1日取材+1日執筆です。ともすれば図書館へ行って、資料集めに+1日必要です。なかなか取材費や資料費は取れませんから、本当に割りの合わない仕事です。時給で換算したら、よっぽどコンビニにアルバイトへ行ったほうが、良さそうです。
 でもフリーのライターになって、かれこれ15年。いまだに続けているところを見ると、お金に換算できない魅力が、この仕事にはあるのでしょうね。

 さ、目の前から原稿の山は消えました。久々に今夜は、夜の街へ出かけるぞ~!

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
娑婆の空気はうまい!
    コメント(0)