温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年03月24日

温泉の誤った表記

 雑誌やガイド本などの温泉情報誌を見ていて、とても気になることがあります。それは泉質の誤った表記が多いことです。
 先日も、某新聞の日帰り温泉紹介の記事で、次のような一文を見つけました。

 「泉質は弱アルカリ性で神経痛や筋肉痛、慢性消火器病、冷え性などに効能がある」

 弱アルカリ性という泉質はありません。酸性・アルカリ性とは、水素イオン濃度(pH)のことで、いわば湯の性質です。よって記事にあるような効能は、ありません。ここの温泉の正しい泉質は「単純温泉」です。

 では、なぜこのような間違いが起こるのでしょうか?
 まず、取材する記者やライターに、温泉の基礎知識がないこと。もうひとつは、宿や施設が提供するデータ自体が間違っている場合があることです。

 以前、僕が取材した温泉宿でも、堂々と誤った泉質をパンフレットに掲載していたところがありました。温泉分析書と異なった表記がされていたのです。このことでも分るように、経営者ですら温泉の知識が乏しい場合があります。
 現在は、温泉法により情報の開示が義務づけられています。浴室の脱衣場に「掲示証」または「温泉分析書(写し)」が貼られていますので、ぜひ正しい情報を得てから入浴してください。掲示が見当たらない場合は、直接宿の人に聞いてみましょう。

 温泉の湧出量や泉質に自信がある宿(施設)ほど、堂々と情報を公開しています。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉の誤った表記
    コメント(0)