温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月10日

コラム広告 第2弾「プチ湯治」

 今日の上毛新聞(21面)に、拙著『ぐんまの源泉一軒宿』のコラム広告 第2弾が掲載されました。
 前回の「秘湯編」に続き、今回は「湯治編」です。

 その昔、江戸の頃は、旅籠(はたご)と呼ばれた「宿場宿」と、温泉地の「湯治宿」は、明確に利用目的が分かれていました。旅人のための宿場宿は1泊が原則です。病気などのやむを得ない場合だけ連泊も許されたようですが、その場合でも奉行所へ届出が必要でした。
 それに対して湯治宿は、1週間単位の連泊が原則。現在のように1泊だけの宿泊は、受け入れていませんでした。
 文化2年(1805)に、この常識をくつがえす事件が起こります。「一夜湯治事件」です。
 箱根湯本温泉で、東海道中の旅人を1泊で泊めていたことが発覚。宿場宿が、これを営業妨害にあたるとして訴えました。
 果たして道中奉行の判決は? これが、意外にも「お構いなし」というものでした。
 これを機に、温泉宿は1泊の客を泊めるようになり、湯治客以外の一般入浴客も泊まるようになりました。

 いずれにせよ、何かと忙しい現代人には、1週間以上の休暇をとることは不可能です。せめて3泊、いや2泊でもいい。移動日のない、のんびりとした湯時間を楽しみたいものです。
 心が少し疲れたかな、と感じたら、プチ湯治に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 目指せ、重版出来! (2018-08-11 12:12)
 8月8日は何の日? (2018-08-08 12:01)
 先行販売のお知らせ (2018-07-28 12:11)
 無事、下山しました! (2018-07-13 20:07)
 書籍化決定!! (2018-07-07 11:33)
 はじめての会議 (2018-06-30 12:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
コラム広告 第2弾「プチ湯治」
    コメント(0)