温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月11日

湯守の一軒宿

 『上州風』(上毛新聞社)vol.32が、発行されました。
 年2回発行される雑誌で、僕は2年半前から「湯守の一軒宿」という温泉エッセイを連載しています。

 湯守(ゆもり)とは、温泉の源泉を守り続けている人のことです。
 何軒も宿のある温泉地では、1つの源泉から湯を分湯して使用している場合が多いので、必ずしも宿の主人が湯の管理をしているとは限りません。でも、一軒宿の温泉地のほとんど(まれに例外がある)は、自家源泉を所有しています。いわば、湯を守る“湯守”のいる宿なのです。

 僕が10年前から一軒宿の温泉地を取材するようになったのは、この湯守の仕事に魅せられたからです。
 季節や天候、気温により変化する湯の温度を、湯守は先祖から受け継いだ技と、長年の経験から培われた勘により、浴槽に注ぐ湯の量を微妙に調節しながら、大切な温泉を守り続けているのです。

 今回の『上州風』で取材した「湯守の一軒宿」は、川中温泉「かど半旅館」と野栗沢温泉「すりばち荘」です。
 なお、今までに掲載した温泉宿は、以下のとおりです。

・『上州風』vol.29  鳩ノ湯温泉「三鳩楼」と白根温泉「加羅倉館」
・『上州風』vol.30  鹿沢温泉「紅葉館」と滝沢温泉「滝沢館」
・『上州風』vol.31  下仁田温泉「清流荘」と大塚温泉「金井旅館」

●『上州風』のお求めは、最寄の書店または上毛新聞取り扱い販売店にて、お申し込みください。
 バックナンバーのお問い合わせは、上毛新聞社事業局出版部へ TEL.027-254-9966


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)
 温泉が足りないんじゃないの? (2017-11-15 13:14)
 温泉で美しくなれ! (2017-11-10 12:51)
 好評につき 第2弾発売! (2017-11-02 12:11)
 『d design travel 群馬』 11月2日全国発売! (2017-10-29 10:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯守の一軒宿
    コメント(0)