温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月13日

赤城温泉 「赤城温泉ホテル」

 昨日は、土砂降りの雨の中、赤城温泉のロケを敢行。これはこれで、雨と霧にけむる幻想的な温泉地の写真が撮れました。
 夜は、赤城温泉ホテルに泊めていただきました。

 実は赤城温泉ホテルは、旧宿名を「あづまや」といい、僕の祖母が産湯をつかった旅館なのです。早い話が親戚で、10代目主人の東宮秀樹さんと僕は、はとこ同士にあたります。
 その昔、僕が子供の頃は、赤城温泉は「湯之沢温泉」といっていたため、祖母は死ぬ間際まで「湯之沢の湯に入りたい」と言っていたと母に聞いていました。その母も、子供の頃は祖母に連れられて、よく湯治へ出かけていたと言います。

 温泉の歴史は大変古く、開湯は500年以上。江戸時代には前橋藩主により湯権が認められ、元禄13年(1700)には「あづまや」が創業しています。かの国定忠治や新田義貞も、ここの湯につかったと伝えられています。

 赤城山以南の温泉は、ほとんど冷鉱泉なのですが、唯一ここだけは43℃という高温泉が湧いています。
 満遍なく鉱物が溶け込んだ赤褐色のにごり湯が特徴で、実に存在感のある湯です。湯縁に付着した珊瑚礁のような析出物の結晶、洗い場まで堆積した鍾乳石(リムストーン)のようなスケールのかたまり。とかく循環された軟弱な湯に入りなれた人は、ぜひ一度、この衝撃の湯体験をしていただきたい。それほど濃厚な湯であります。

 ひと夜明けて、朝食会場と露天風呂でお会いした、2人の初老紳士。ともに奥様とのふたり旅のご様子。一組は群馬県内から、もう一組は埼玉から来たとのこと。あれやこれやと話をすると・・・・!
 これがビックリ仰天! お二方とも僕の本を持っていた読者だったのです!(感謝!感激!)。
 「次の本も、ぜひ買わせていただきます」と言われて、ごきげんで帰路に着いたことは言うまでもありません。

 ああ、ライターしていて良かった。
 お二方とも、大変温泉に詳しい方たちでした。また、どこかの温泉でお会いするかもしれませんね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

この記事へのコメント
こんにちは。
ふと、気付くと、ウチのPCの「お気に入り」に入ってました。
ブログ開設おめでとうございます。

更新を楽しみにしております。
リンクもしました。
頑張ってください。
Posted by サマンサ at 2010年04月14日 15:59
サマンサ さま


ありがとうございます。
ま、温泉だけは人百倍入っているので、温泉のことだけ日々したためています。
温かく見守ってやってください。
よろしくお願いします。
Posted by 小暮 at 2010年04月14日 18:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤城温泉 「赤城温泉ホテル」
    コメント(2)