温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月15日

「里山をゆく」 出版に向けて

 昨年の暮れに、某出版社の方から「連載されている『里山をゆく』は、出版される予定があるのですか?」という問い合わせがありました。実は、一昨年に掲載をしている「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄)から出版の話があったのですが、諸般の事情により、棚上げされていました。その旨を伝えると、「良かったら、うちから出しませんか?」という嬉しいお誘いが!
 「よそで連載しているシリーズですよ?」と僕。すると「先方さんが良ければ、うちは大丈夫です」とのこと。善は急げということで、「ちいきしんぶん」の社長と担当者を呼んで、僕と出版部長さんの四者会談を開きました。お見合いは大成功で、双方とも異議なしの結論に。結果、今年中に出版されることになりました。

 「里山をゆく」は3年半前に連載が始まったウォーキングエッセイです。スローライフをテーマに、移動手段はすべて公共交通機関を利用し、温泉に入り、酒を呑んで帰るという、一日を3倍楽しめる贅沢な旅の仕方を提案し続けてきました。
 現在、今月までで17話。里山は低山のため、夏場は暑く、ヤブが深くなるため、渓流や滝をめぐる「ぶらり水紀行」とタイトルを変えて、同じ条件で旅をしています。こちらが現在までに10話。合わせて27話、夏までにあと3話を連載して合計30話。本にするには、ちょうど良いページ数になります。

 ところが、掲載された里山の中には、開発が進み現在は登山が禁止されているコースや、ファミリーで登るには危険な箇所があるコースなど、本に収めるにはふさわしくないものも多々あるため、再取材や追加取材が必要となりました。
 と、いうことで、今日は朝も早くから、電車を乗り継ぎ、バスに乗って、旧吉井町の八束山(やつかやま)を登ってきました。牛伏山、朝日岳とともに「吉井三山」と呼ばれる西上州の秀峰(低山の中では)です。
 どんなコースだったかは、今秋に出版される本に書きますので、お楽しみに。

 里山の登行時間は、2~3時間です。車で登山口まで行けば、半日で登ってしまう山でも、電車やバスを乗り継ぐため、丸一日かかってしまいます。この手間隙かけた遊び心が、里山歩きの楽しさなんです。
 でも思えば、昔の人は、みんなそうやって、時間をかけて旅をしていたのですよね。

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)

この記事へのコメント
お仕事~~順調のようですね・・・・!

出版~楽しみにしていまーす。

近くにお超しの際はお立ち寄り下さ~い

時間外でも歓迎しますよ~~~!!
Posted by らかん亭 小林 at 2010年04月15日 22:45
らかん亭 様


毎度、励ましのコメントありがとうございます。
安中方面へ行った際には、必ず顔を出させていただきます。
Posted by 小暮 at 2010年04月16日 20:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「里山をゆく」 出版に向けて
    コメント(2)