温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月20日

鎌田温泉 「梅田屋旅館」

 昨日から片品村・鎌田温泉に滞在して、温泉地周辺と宿の取材をしてきました。夜は、ご好意により、明治44年創業の老舗旅館「梅田屋旅館」に泊めていただきました。「日本秘湯を守る会」の会員宿でもあります。

 梅田屋さんを訪ねるのは、3回目。過去にプライベートと雑誌の取材でお世話になっています。今回も、出版本の取材ということで、快く引き受けてくださいました。

 とにかく、たくさんの著名人が訪れている宿です。落語家の立川談志師匠や映画の山田洋次監督などが、常宿にしています。
 僕がお気に入りなのは、大広間のふすまの落書き(?)です。
 『人生なんて知るもんか 勝手に生きりゃそれでいい』
 『オイ、客よ、生まれてきたんだろ なら酔えよ、そして文句をたれてりゃいい』
 などなど、談志師匠が酔っ払って書いた書(?)、いや襖絵か(?)。とにかく、一面に大迫力で書きなぐられているのです。
 一番のお気に入りは、この一句。
 『俺の人生 梅田屋程度で 充分なのだ』
 いやいや、恐れ入ります。そう書かせた、梅田屋さんもエライ!

 4代目女将の星野由紀枝さんと、宿と温泉の歴史話で盛り上がりました。
 あんまりに僕が歴史に興味を持ったものだから、先々代の2代目女将・星野志かさんが20年前に上梓した自叙伝『梅壽記』をくださいました。ありがとうございます。
 何が嬉しいって、僕は本をいただくのが何よりも嬉しいのです。とくに温泉史や伝説本は大好物です。

 先ほど家に帰ってから、さっそく読み出しました。グイグイと引き込まれていきます。
 まだ、明治34年生まれの志かさんの生い立ちの部分ですが、これからの梅田屋の波乱万丈な旅館奮闘記が楽しみです。

 守り継ぐもの、語り継ぐものがあるって、素晴らしいですね。

 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鎌田温泉 「梅田屋旅館」
    コメント(0)