温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月21日

鎌田温泉 「畔瀬」

 鎌田温泉には3軒の宿があります。源泉もそれぞれ、自家源泉や村有泉を使用しているため、泉質は似ていますが、宿により微妙に湯質が異なります。

 片品川の支流・小川に架かる尾瀬大橋を渡った田んぼの中に、ぽつんと一軒だけ離れて湯の宿「畔瀬(はんぜ)」があります。部屋数12部屋の小さな宿ですが、2代目の若主人・入沢尚和さんが家族と頑張っていました。
 ここの売りはなんといっても湯量豊富な自家源泉を所有していること。毎分190リットル、47.6度の高温泉が湧いています。泉質も、他の鎌田温泉がアルカリ性単純温泉なのに加えて、ここの湯は硫黄成分を多く含んでいます。だから浴室に入ると、硫黄独特の腐卵臭がします。
 やはり、硫黄泉は「温泉に入ってる~!」という満足感が味わえる、温泉らしい温泉ですね。僕の好きな泉質の1つです。湯舟には、硫黄泉ならではの白い湯花が無数に浮遊していました。
 湯花は本物温泉の証拠として、僕はありがたく思うのですが、主人に聞けば必ずしもそうではないようです。「汚い」「掃除をしていない」との苦情は茶飯のようで、頭を抱えていました。これも、循環して湯をろ過している日帰り温泉の悪影響なんでしょうね。温泉は無色透明だと思っている。また無色透明が、掃除が行き届いた清潔な湯だと思い込んでいる。

 毎分190リットルの源泉ですから、もちろん加水なし、加温なしの完全放流式(かけ流し)の新鮮な湯を存分に楽しめました。加水も、加温も、循環もしていないということは、人の手で湯の面倒をみているということです。季節、気温、天候により、湯の供給量を微妙に調節しています。いわゆる、湯守(ゆもり)のいる宿です。いい湯は、手間隙がかかるものなのですよ。

 ちなみに若き湯守の2代目主人は、独身とのこと。温泉宿の女将となる花嫁を募集中です。
 ああ、僕がもっと若くて、女だったら、名乗り出るのですがねぇ。残念です。
 それくらい、いい湯でした。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鎌田温泉 「畔瀬」
    コメント(0)