温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月23日

沢渡温泉 「龍鳴館」

 昨日は午後から雨の中、沢渡温泉へ行きました。
 沢渡温泉は出版本の取材で1月に「まるほん旅館」に泊めていただいたのですが、そのとき「龍鳴館」に寄ったら「ぜひ今度は、うちに泊ってほしい」と言われてしまい、リクエストにお応えして再取材を兼ねて泊まってきました。

 というわけで、3代目女将の隅谷映子さんにお会いするのは、2回目です。最初に会ったときに、宿の歴史について話を聞いたのですが、そのとき摩訶不思議な出来事を話してくれました。そのことが、ずーっと僕は気になっていたのです。
 それは、お天狗さまの話。

 沢渡温泉は建久2年(1191)に発見されたと伝わる古い温泉です。龍鳴館も古い老舗旅館で、前身を正永館といい、大正11年には若山牧水が訪ねています。
 ところが昭和10年に大水害に遭い、昭和20年には大火に見舞われ、温泉街は壊滅的な打撃を受けました。その後、住民たちの努力により、戦後に復興を果たした温泉地です。
 女将の両親は、二度と災害のないように、また安穏として暮らせるようにと願いを込めて、昭和56年に温泉街を見下ろす裏山に、天狗堂を建立しました。また同時に、以前村にあった天狗さまの面は、心無い者の仕業により鼻が折れていたため、新たに木製の天狗面をこしらえて、奉納しました。「お天狗さまの鼻を折ったから、災いが起きた」という村人たちがいたからです。
 毎年、4月16日に天狗さまの祀りを行っているそうですが、2年目から不思議な現象が起こったといいます。それは、天狗面の鼻が、年々白くなっていくというのです。ちょうど、以前の天狗面の鼻の折れたあたりから……。

 今朝、女将と僕は、そぼ降る雨の中、傘をさして裏山を登りました。天狗堂には、花が手向けてありました。
 施錠されている鍵を開けると、お宮の中に、立派な鼻を突き出した木製の天狗面が見えます。恐る恐る取り出してみると、果たして、女将のいうとおり、天狗の鼻の真ん中ぐらいから先までが真っ白です。そこだけ木が変色しているのです。
 「ね、不思議でしょう」と言いながら、手を合わせる女将。あわてて僕も、沢渡温泉の湯と町の安全と繁栄を祈って手を合わせました。

 古い温泉地には、必ず伝説や言い伝えが残っています。そして薬師様や温泉神社が祀られています。それだけ、地の底から湧きいずる湯は、先人たちにとって霊験あらたかなものだったのです。
 現代人は、どうでしょう。簡単に掘削して、簡単に湯を使い捨ててはいないでしょうか。もっともっと温泉に感謝しながら、大切に利用したいものです。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
沢渡温泉 「龍鳴館」
    コメント(0)