温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月24日

沢渡温泉 「まるほん旅館」②

 沢渡温泉へ行ったときは、必ず「まるほん旅館」に顔を出します。16代目の若主人、福田智さんに会うためです。とにかく彼は気さくで、楽しい人。湯は人柄を映すのでしょうか、沢渡の湯のように、しなやかなやさしさを感じます。

 智さんは7年前までは、銀行員でした。仕事で同館を訪れているうちに、湯と先代の人柄に惚れ込んで、ついには養子に入り、老舗旅館を継いでしまったという異色の経歴の持ち主です。

 今回もコーヒーを飲みながら、県内の温泉事情や旅館の在り方、湯を管理する大変さなど、話の内容も盛りだくさんで楽しいひと時を過ごしてきました。
 智さんが大切にしている言葉があります。それは先代の口癖だった「湯さえ守っていれば、一生食いっぱぐれはない」。それほどまでに、沢渡の湯はいい湯だということです。
 でも最初は「そんなきれい事言ったって、今の時代は湯がいいだけじゃ客は来ない」と思ったといいます。宿の設備や料理の質など、お客のニーズは多岐におよんでいます。決して智さんの考え方は、間違ってはいません。

 ところが今回、智さんは僕に「湯に助けられています」と、きっぱりと言いました。「この不景気のなか、やって来てくださるお客様は、すべてお湯目当ての方です」と。
 餅は餅屋、湯は湯宿です。奇をてらい、他のことに手を出して、多角経営に走ったところで、肝心のお湯が良くなくては、本末転倒です。湯があってこその温泉宿ですから。
 「先代の言っていた意味が、やっと分かるようになりました」と、屈託のない笑顔で話してくれました。

 いつの世も、ブームは必ず去ります。そして最後に残るのは、本物だけです。何の世界でも……。 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
沢渡温泉 「まるほん旅館」②
    コメント(0)