温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月29日

猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」②

 一昨日、猪ノ田温泉からお土産をもらって帰ったと書きましたが、何をもらったのかというと、それは“源泉”です。
 以前、慢性の乾燥肌に悩んでいる話をしたら、女将さんがペットボトルに1本、源泉をくれました。おかげさまで、その冬は、床に入ってからのイヤなかゆかゆ病に悩まされずに済みました。

 宿に残る明治19年に旧多野郡日野村役場が発行した「分析表及び効能書」という文書の中に、こんな一文があります。
 『猪田鉱泉ハ古来ヨリ猪田川ノ川邊ニ湧出シ薬師ノ湯ト称ス』
 猪ノ田の湯は、明治の初めから「皮膚病に効く」という評判が高く、県内はもとより遠く関西方面からも、ケガや肌荒れに悩む人たちが、はるばる湯治にやって来ていました。今でも医者に見放された患者たちが、ワラをもつかむ思いで訪れています。

 もう何年も前ですが、僕が某雑誌に、ここの湯のことを「アトピー性皮膚炎に効果がある」と書いたところ、編集室にかなりの問い合わせがあったといいます。すでにその雑誌は3年前に廃刊になっているのですが、発行元へはいまだに問い合わせがあると聞きました。

 現在の温泉法では、成分がなくても25度以上あれば、温泉と名乗れてしまいます。
 しかし、古来より沸かしてまで浴した鉱泉には、病気の治癒効果が高く、薬湯と呼ばれる温泉が多いのです。

※久惠屋旅館では、ペットボトル大小の源泉を販売しています。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」②
    コメント(0)