温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年04月30日

尾瀬人

 現在、取材・執筆・セミナー・講演・講座など、そのほとんどが温泉にかかわる仕事です。それでも、年に何本かは、以前からの付き合いで仕事を頼まれたり、昔からシリーズで連載しているものなど、温泉以外の執筆仕事があります。

 JRや県からの仕事も、そんな温泉以外の仕事の1つ。要は、観光物です。
 今日は早起きをして、尾瀬へ取材に行ってきました。

 尾瀬の玄関、鳩待峠は、まだ身の丈以上の雪が残っていました。
 それでもGWの2日目、天気は絶好の登山日和。たくさんの登山客が、集まっていました。話を聞くと、みなさん至仏山へ登ってきたようです。
 水芭蕉の季節にはまだ早く、雪の残るこの時期は、観光客は少なくて、本当に山の好きな方がやっ来るのだと教えてくれたのは、鳩待山荘の支配人、本多敦志さんです。

 本多さんは、尾瀬に入って約30年。現在は鳩待峠にある山小屋の支配人ですが、尾瀬内の山小屋を転々としてきた方。いわば尾瀬のプロです。
 尾瀬の魅力や登山客のマナー、時代の中での変化など、さまざまな角度から尾瀬の話を聞いてきました。

 インタビューをしていて、とても印象に残った言葉がありました。それは尾瀬の魅力につてい聞いたときでした。
 「まだ、全部を見ているわけではないので…」と、ちょっと困った顔をしたのです。
 30年以上勤めている本多さんにしても、まだ知られざる尾瀬があるということ。尾瀬は広くて、とても奥深いところ。
 「定年退職後も、尾瀬に残りたい」と、きっぱりと言い切りました。

 根っからの尾瀬人なのですね。とても羨ましい生き方をしている方でした。
 僕も温泉人を目指します!

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 急げ! 中高年 (2018-08-31 12:33)
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尾瀬人
    コメント(0)