温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月09日

母の日と 『梅壽記』

 今日は一日、お袋が出かけるというので、朝から実家へ行き、親父のお守りをしてきました。
 御歳85歳、口は達者ですが同じことしかしゃべりません。記憶も古いことは忘れませんが、1時間前のことは覚えていません。要は、痴呆老人のビギナークラスです。
 お袋が居なければ、何にもできないのですから、そのお袋が一日家を空けるとなれば、事は重大です。

 午前中は散歩。杖をついてヨボヨボと歩く親父の手を取って、本屋まで。ボケ防止の漢字パズル本を買ってやりました。
 帰りはコンビニに寄って、そばを買い、家に戻って親子で昼食をとりました。
 なんだか小さい子供の面倒をみているようで、時々、親父が可愛く思えるから不思議です。

 腹が満たされた親父は、「寝る」と言って2階へこもりました。
 お袋が帰る夕方まで、たっぷりと時間があります。こんなこともあろうかと、読みかけの本を持ってきました。
 『梅壽記』、鎌田温泉「梅田屋旅館」の2代目女将、星野志かさんの自叙伝です。志かさんは明治34年生まれ。同44年創業の梅田屋旅館を明治・大正・昭和・平成と守り続けてきた一代記です。波乱万丈の生き様は、読み応え十分でした。
 どうして4代目女将の星野由紀枝さんが、この本を僕にくださったのか、理由がわかりました。老舗旅館は“一日にして成らず”ということですね。

 本の中で、古希を迎えた志かさんが、唐の詩人・杜甫が詠んだ『人生七十古来稀(こらいまれなり)』という言葉を引用していました。昔は、70歳まで生きるのは稀だったのですね。
 本を読み切って2階へ行ってみると、親父が起きていて、本を読んでいます。そしていきなり、
 「人生七十古来稀なりか、昔は珍しかったんだな。長生きするのが……」と、独りごちたのです。これには、ビックリしました。
 親子で別々の本を読みながら、同じ言葉に出会っていたなんて。不思議なことが、あるものです。

 夕方、お袋が帰ってきて「おとうさん、どうだった?」というものだから、「大変、いい子にしてましたよ」と報告。
 「母の日プレゼントは、今日一日の親父の子守りでいいやいね」と僕。するとお袋は、「最高のプレゼントですね」と大喜びでした。
 老々介護から解放された一日、楽しかったのでしょうね。親父とお袋、両方いっぺんに親孝行をした一日でした。
 ま、こんな日もありですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
母の日と 『梅壽記』
    コメント(0)