温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年12月10日

不便と不自由の選択


 <「休み時間になると、廊下に公衆電話の順番を待つ長い列ができるんです。昨年から急に生徒たちがポケベルを持つようになったんですよ。その前の年には、まったく見られなかった現象です。たぶんテレビドラマの影響でしょうけど、授業中には鳴らさないように注意しています」> (『上毛カルテ』(上毛新聞社) より)

 これは平成6年(1994) に、僕が雑誌の取材で専門学校教師にインタビューした時の記事です。
 今読むと、もはや平成というよりは、昭和に近いイメージがする現象です。
 たかが24年前のことなんですけど……


 先週、ソフトバンクに通信障害が発生して、利用者らが公衆電話に列を作るという “珍現象” が起きました。
 なかには 「初めて公衆電話を使った」 という若い人もいたりして、なんとも不思議な “時代回帰” を見た思いがしました。


 実は僕、いまだに携帯電話はガラケーです。
 持たない理由は、「必要ないから」 なのですが、できればケータイ自体も持ちたくありません。
 というか、そもそも “持たない派” だったのです。
 が、18年前、雑誌の編集人に就任した際に、無理やりに持たされたのでした。
 もちろん、抵抗はしました。
 でも、スタッフに、
 「分かりました。だったら一日中、外出しないで編集室に居てください。でないと連絡が取れません!」
 と言われてしまい、自由が欲しい僕は、泣く泣くケータイを持つハメになったのであります。

 便利なものは、一度持ってしまうと手放せません。
 だからスマホも、怖いのです。
 現在、スマートフォンの保有率は約75%だそうです。
 誰かに脅かされない限り、残り25%の少数派に居残るつもりです。


 そういえば身近なところに、携帯電話を一度も持ったことのない人がいました。
 僕の実兄です。
 そう、このブログにも時々登場する、両親の介護を共にしているアニキであります。

 彼が、いまだにケータイを持たない理由は、「必要ないから」 です。
 職業は、建築士。
 すべての連絡は、自宅と事務所の固定電話の留守番電話機能で済ましています。

 「不便ではないのか?」
 と問えば、
 「不自由ではない」
 と答えます。

 う、う、うらやましいーーーッ!!!!!

 そうなのです、“便利” の代償は “不自由” なのです。
 そろそろ現代人は、自分の価値観で生きる勇気を身に付けたほうが良さそうですね。

   


Posted by 小暮 淳 at 12:08Comments(2)つれづれ

2018年12月08日

謎学の旅はつづく


 <伝説とは、あくまでも言い伝えであり、史実とは異なるものなのに。民話も、先人たちが口承しながら伝えた創話です。でも、そこには必ず舞台があるのです。そして舞台がある限り、これからも私の “謎学の旅” は続くのです。>

 これは今年8月に出版した 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) の 「あとがき」 に書いた一節です。
 その言葉のとおり、僕の “謎学の旅” は、本を出版したあとも続いています。


 本書の書店でのポスターやポップに書かれたセールスコピーは、
 【浦島太郎の墓があった!?】
 です。
 海なし県なのに、なぜ浦島太郎伝説が残っているのか?
 その謎を追った旅は、マスコミ等でも取り上げられ、今では読者が 「龍神宮」 を参拝するようになったと聞きます。


 浦島太郎がいたならば、桃太郎だって群馬にいたのではないか?
 「そんなバカな! 桃太郎は岡山でしょう!」
 と思われるでしょうが、ところが、どっこい!
 僕を誰だと思っているんですか?
 人呼んで、“謎学ライター” ですぞ~!!!

 群馬には、「桃太郎橋」 が存在するのです。
 周辺に、イヌ、サル、キジにまつわる地名はあるのか?
 謎を追って、現地に入り、資料館の館長や地元の長老に話を聞いてきました。

 すると、思わぬ史実があったのです!

 海がなくても浦島太郎がいたように、海がなくても鬼ヶ島があったのです。
 まだまだ、僕の “謎学の旅” は続きます。 
  


Posted by 小暮 淳 at 19:33Comments(0)謎学の旅

2018年12月06日

秘密のH


 「私もエッチに連れてってください!」
 知人の女性に言われて、一瞬、ドキッとしました。
 でも次の言葉を聞いて、意味が分かりました。
 「ブログ、読みましたよ」

 彼女は、知り合いの I 女史と僕が、Hで酒を飲んだというブログを読んだようであります。
 ※(2018年11月30日 「三人会」 参照)
 Hとは、僕が時々、ぷらりと心の洗濯に寄る、 酒処『H』 のことであります。


 実は、彼女に限らず、ブログを読んでいる友人・知人からは、たびたびHは話題にのぼります。
 「Hって、どこにあるんですか?」
 「Hって、どんな店なんですか?」
 「ぜひ一度、Hに連れてってください」

 なんだか読者の頭の中では、かなりHが美化されて描かれているようであります。


 つい先日のこと。
 さる会社の社長さんと仕事の移動で、前橋の街中を歩いていました。
 偶然にも、ちょうどHの前を通りかかりました。
 でもオープン前の時間ですから、店は閉まっています。

 「ここが、Hなんですよ」
 「えっ、えーーーーっ! ここ、ここなんですか~!!」
 と、大層驚いた様子でした。
 抱いていたイメージと、だいぶ違っていたようです。

 立ち止まって、中をのぞくと、明かりが点いています。
 ママが、仕込みの準備をしているようです。
 ドアのノブを回すと、開きました。

 「あら、ジュンちゃん!!」
 案の定、頭にカーラーを巻いたままのママが、カウンターの中で忙しそうに動き回っていました。
 「仕事で、前を通っただけなんだけどさ。そうそう、こちら○○会社の社長さんです」
 と紹介すると、
 「あ、あ、はじめまして。ここがHなんですね。感動するな~! 今度、来ます!」
 とかなんとか言っちゃって、まるで芸能人に会ったようなリアクションを見せるのでした。


 「イメージと違いました?」
 「すごくキレイな店なので、驚きました」
 「もっと汚いイメージだったの?」
 「いえ、勝手に新橋のガード下にあるような、昭和レトロな店を想像していました。でも……」
 「でも?」
 「確かに、Hでした。だって、小暮さんの本がズラ~リ並んでいましたから」


 謎が謎を呼ぶ、酒処 『H』 であります。
 HのHは、“秘密” のHなのかもしれませんね。
   


Posted by 小暮 淳 at 11:30Comments(0)酔眼日記

2018年12月04日

ダチョウ倶楽部じゃあるまいし


 「押すなよ! 絶対に押すな!」
 思わず、叫んじゃいました。

 なんだか、ここのところ熱湯風呂づいています。
 先月の湯宿温泉(みなかみ町) に続いて、今月は草津温泉であります。
 しかも同じ雑誌の連載取材です。
 これは担当編集者の僕に対するいじめ、パワーハラスメントに違いありません!


 ということで、昨日は早朝より草津温泉の 「大滝乃湯」 にて、入浴シーンの撮影がありました。
 僕が入る浴槽は、名物の 「合わせ湯」 です。

 一般的に 「合わせ湯」 というと、異なる泉質の温泉に複数回入ることをいいますが、ここの 「合わせ湯」 は泉質ではなく、温度の異なる温泉のことをいいます。
 大きな浴場には、5つの浴槽があります。
 時計回りに、39度、42度、44度、45度、46度。

 僕は自他共に認める “ぬる湯” 好きです。
 ふだん41度以上の湯には入らない、“ネコ肌” なのであります。

 当然、カメラマンも知っています。
 だから僕は、迷わず39度の浴槽に入りました。
 う~ん、ちょうど良い!
 これならば多少、撮影が長引いても大丈夫です。
 リラックスしながらカメラのスタンバイを待っていると……

 「小暮さん、そっちはアングル的にダメですね。こちらの手前の浴槽でお願いします!」
 と声がかかりました。
 振り返ると、カメラマンと担当編集者が、意地悪そうな笑いを浮かべてるではありませんか!!

 手前の浴槽は、45度です。
 あの2人は結託して、僕が “ネコ肌” と知っていながら、陥れようとしているのです。
 まるで、罰ゲームのように。


 「マジかよ!? わざと熱い湯に入れさせようとしてない?」
 「いえいえ、本当なんです。レイアウトと光の加減が、こちらのほうがいいんです」

 もう、こうなりゃ、プロの心意気を見せてやるぞ!
 と、足の先を入れた途端、
 「アチ、アッチィーーーーー!!!」

 ダメだこりゃ、無理だよ。
 でも、プロとしての意地もある。

 「小暮さ~ん、いつでも、どうぞ! 準備オーケーでーす!」
 と言われたって、こっちは心の準備も体の準備もまだなのです。
 「押すなよ! 絶対に押すなよ~!!」
 と叫びつつも、自ら45度の浴槽にドボ~ン!


 「いいですね、もう少し横向いてください。はい、いただきました。今度は、少し前に移動してください」
 カメラマンの調子にのせられて、浴槽の中を動くのですが、そのたびに脳天に向かって、ジンジンとしびれるような熱さが全身を駆け上っていくのです。

 「はい、もうワンカットです。ありがとうございます。もう、いいですよ。ご苦労さまでした」

 瞬時に浴槽を飛び出し、脱兎のごとく脱衣場へと逃げ去ったのであります。


 終了後、
 「ありがとうございました。おかげさまで、いい写真が撮れました」
 と担当編集者が言うものだから、僕も言ってやりました。

 「聞いてないよーーー!」
  


Posted by 小暮 淳 at 13:41Comments(0)取材百景

2018年12月02日

金は出すが口は出さぬ


 “いい湯は料金に反比例する”

 そんなことを以前、ブログに書いた記憶があります。
 講演会などで、「料金の高い宿は、お湯もいいんですか?」 という質問を受けることが多々あるからです。
 ズバリ、宿泊料金と温泉の良し悪しは、無関係です!
 いえいえ、逆かもしれませんね。
 だって、外湯(共同湯) なんて無料なのに、あんなにも新鮮な湯が随時、かけ流されているのですから。


 では、宿へのクレームは、どうでしょう?
 料金の安い宿と高い宿、どちらが多いと思いますか?
 これまた “反比例” なんです。

 以前、同系列の2つの旅館の支配人に、それぞれ話を聞いたことがありました。
 料金の安い大衆旅館では、クレームの嵐だといいます。
 「部屋が汚れている」 「料理の量が少ない」 「サービスがなっていない」 など、挙げたらキリがないほど細かいクレームが日常茶飯とのことでした。

 これに対して、1泊10万円以上する高級旅館では、「ほとんどクレームがない」 とのことでした。
 それだけ料理もサービスも徹底しているからなのかもしれませんが、どうも理由は、それだけではないようです。
 支配人いわく、
 「金持ちは、滅多に文句を言いません」

 思わず、納得してしまいました。
 貧乏人の僕には、到底たどり着けない境地であります。
 懐があたたかいと、心まで広くなるんですね。

 ま、僕の場合、取材で行って、タダで泊めてもらっていますから文句なんて言える立場ではないんですけど。
 それでも時には、「この料理、冷めているけど、どうよ?」 「なんだ! この従業員の態度」 なーんて腹の中では憤慨することがありますもの。
 だもの “安かろう、悪かろう” は承知していても、クレームを言う客の気持ちも分かります。

 でも金持ちは、“金は出すけど、口は出さない” のであります。
 ただ、本音は分かりませんよ。
 口には出さないけれど、態度に出るかもしれません。
 “二度と来ない” という態度に。

 比べ、貧乏人は、散々文句を言っても、しっかり元を取って帰ります。
 そして、またやって来て、常連ぶったりするものです。
 それが、貧乏人の処世術なのであります。


 でもね、一度でいいから仕事ではなくて、自分のお金で高級旅館に泊まってみたいものです。
 きっと家族に、尊敬されるだろうなァ~~~~!!!
  


Posted by 小暮 淳 at 13:37Comments(0)温泉雑話

2018年11月30日

三人会


 絵本作家のN氏とは、かれこれ30年の付き合いになります。
 イラストレーターの I 女史とも、20年以上になります。
 年齢はバラバラで、僕を真ん中に三世代のひらきがあります。
 なんと! N氏と I 女史とでは親子ほどの歳の差があるのです。

 でも僕らは、とっても仲良しです。
 なんと! 以前にはバンドを組んでいたこともあるのです。
 N氏はドラム、僕はギター、そして I 女史がボーカルでした。
 ※(バンドは、すでに解散しています)


 ところが、今になって思えば、“3人だけ” で会ったことがありません。
 まして、“3人だけ” で酒を酌み交わしたことも……
 いつも、まわりには他のメンバーや仲間がいたのです。
 「じゃあ、3人で飲もう!」
 「わ~、楽しそうですね」
 ということで、突然、“三人会” が発足されました。

 きっかけは、今月中旬に高崎市で開催された、落語家の三遊亭圓馬師匠と講談師の神田松鯉師匠の 「二人会」 というイベントの打ち上げの席でした。
  I 女史は主催者の一員ということもあり、車で会場入りしたため宴席でもノンアルコールでした。
 一方、N氏と僕は酩酊状態です。
 「ああ、電車で帰るの面倒くさ~い!」
 「でも、今行かないと最終に間に合いませんよ」

 2人の会話を聞いていた I 女史が、ひと言。
 「いいですよ、気にしないで飲んでください。私が2人を送って行きますから」

 ヤッター! そのひと言を待ってました!
 というか、わざと聞こえるように言ったんですけどね。
 それにしても、持つべきものは元バンド仲間であります。
 そして伊達に長い付き合いをしていませんって!


 帰りの I 女史の車中にて
 「ありがとう。本当、いつも感謝しています」
 「タクシー使ったら、高く付きますよ~」
 「だよね……。よし、今度、2人でおごるよ」

 ということとなり、今週、初の “三人会” が行われました。
 もちろん会場は、我らのたまり場 「酒処H」 であります。
 「あら、3人って、珍しいね」
 とママに言われるほど、3人が一緒にいるシチュエーションは、誰から見ても珍しいのであります。


 飲むほどに、酔うほどに、3人が三様、雄弁に語ります。
 世代を超えて、性別を超えて、長い付き合いが続いています。 

 ありがとう!
 祝、結成!
 “三人会”
  


Posted by 小暮 淳 at 19:18Comments(0)酔眼日記

2018年11月28日

尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」


 尻焼(しりやき)温泉ね、ああ、行ったことがあります。
 川がそのまま風呂になっている温泉ですよね。
 確か、何軒か宿があったと思うけど……
 星ヶ岡山荘なんて、あったかしらん。


 と思われた人もいるのではないでしょうか?
 「星ヶ岡山荘」 は昨年の春にオープンした、尻焼温泉で一番新しい旅館です。
 といっても以前は 「関晴館」 という老舗旅館でした。

 尻焼温泉は旧六合(くに)村(中之条町) にある “六合五湯” の1つ。
 中でも一番山奥にあるため、温泉地として開発されたのは昭和になってからでした。

 温泉の発見は古く嘉永7年(1854) と伝わります。
 村人たちが菅(すげ)や萱(かや) などを川底から湧き出す温泉に浸して、足で踏んでやわらかくして、草履(ぞうり)や筵(むしろ) を編むために利用していたといいます。
 この作業は 「ねどふみ」(湯に寝かせて踏むの意味) といわれ、現在でも行われています。

 手前の花敷(はなしき) 温泉が古くから開けていたのに比べ、この地の開発が遅れた理由は、花敷からの道が急峻だったことと、温泉周辺におびただしい数のヘビが棲息していて、人々を寄せ付けなかったからだといいます。

 昭和元年(1926)、花敷温泉の老舗旅館 「関晴館」 の別館が、尻焼温泉に開業したのが温泉地としての歴史のはじまりでした。
 のちに花敷温泉の本館が廃業したため、“別館” の名をはずして営業を続けていましたが、数年前に看板を下ろしてしまいました。
 そして昨年、経営者が変わり、リニューアルオープンしたのが 「星ヶ岡山荘」 でした。


 「いゃ~、見違えるほどにキレイになりましたね」
 宿に着くなり、開口一番、僕はリニューアルされた館内を見渡しながら言いました。
 「ありがとうございます。でも、浴室は前のままなんですよ」
 と、和服姿で出迎えてくれた女将の大谷郁美さん。

 「それが、いいんです!」
 話には聞いていたので、僕はそれを確かめに来たのであります。
 渓流、長笹沢川を望む露天風呂は、野趣に富んでいて、僕の大好きな露天風呂でした。
 いえ、露天というよりは “野天” といったほうがしっくりくる、自然の中での湯浴みが堪能できる絶景風呂なのです。


 湯屋への導線は、以前と変わっていません。
 ただ内装は、昭和元年建築とは思えないほどに、新しくなっています。
 そして、浴室のドアを開けると……

 あの日、あの時に見た、同じ光景が出迎えてくれました。
 「これ、これこれ、これじゃなくっちゃ!」
 以前は、川を見下ろす露天風呂が男湯でしたが、今回は川辺に下りるほうが男湯でした。

 ザザザザーーッ!!!

 勢いよく、あふれ出る湯が川へと流れへ行きます。
 なんて贅沢な光景なんでしょう。
 加水なし、加温なし、で完全放流ができるなんて!
 しかも、湯が冷めやすい露天風呂です。
 源泉の温度と湯量に恵まれた温泉だからこそ味わえる贅沢なのであります。


 「これでイイのだ!」
 バカボンのパパなった気分で、川面を眺めながら至福の時を過ごしました。
  


Posted by 小暮 淳 at 11:59Comments(2)温泉地・旅館

2018年11月26日

ガンバレ! 人生百年


 去年よりも今年、先月よりも今月と、日を追うごとに急速に老化が進んでいます。
 僕の両親のことです。

 オフクロは91歳。
 脳梗塞と脳出血を患い、現在でもリハビリ施設に入院しています。
 体の麻痺や言語障害はなくなりましたが、体力が乏しく、寝たきりの生活を続けています。

 オヤジは94歳。
 この歳まで病気一つせず、生きてきました。
 健康がとりえの人でしたが、10年前から認知症が進んでいます。
 もう家族のことは誰一人分かりませんが、頭以外は “健康” なので、デイサービスとショートステイを組み合わせながら在宅介護をしています。

 ただ、肉体の老化は、凄まじいスピードで進んでいます。
 立つ、起きる、歩く、座るという動作は、一人ではできません。
 当然、介助が必要なのですが、いよいよ、介助付きでも危なくなってきました。

 段差があると足が上がらない、歩くのにも一歩がなかなか踏み出せない、何よりも立っているだけで膝から崩れ落ちてしまいます。
 「あー、疲れたよ」
 「疲れたって、今、立ったところだよ」
 「横になりたいよ。布団を敷いておくれ」
 「まだ昼間だよ。寝るには早いよ」
 「そうかい、オレは何をしらいいんだい?」
 そんな堂々めぐりの会話が、繰り返されます。

 でも、無理はありません。
 足を見れば、ガリガリですもの。
 太ももは、細ももです。
 ふくらはぎもありません。
 膝から下は、ただの棒のようです。

 これでは、歩くことも立つことも、できませんって!

 ただ、おかげさまで食欲だけはあります。
 食べて、寝て。起きて、食べて。そして、寝て。
 そんな毎日が、何年も続いています。


 オヤジ、人生百年時代なんだってさ。
 あと6年じゃないか!
 がんばろうぜ!
 もっと、足に筋肉を付けなくっちゃ!

 イッチニ、イッチニ、イッチニ……

 今日も僕のかけ声とともに、部屋からトイレまでの数メートルを頑張って歩いています。
  


Posted by 小暮 淳 at 13:34Comments(0)つれづれ

2018年11月24日

民話と伝説の舞台 “裏” 講座


 10年前も、そうでした。
 突然、電話がかかってきて、
 「講師をお願いできますか?」
 と言われたのです。
 その時に開講したのが、現在も続いている野外温泉講座です。

 でも最初は、違ったんです。
 「里山ハイキングの講師をお願いできますか?」
 でした。
 実は当時、僕は山歩きのエッセイを連載していました。
 それを読んでいた担当者が、電話をくださったのでした。

 でも僕は登山のプロではありません。
 ライターとして、趣味の山歩きを取材対象としていただけでしたので、お断りしました。
 すると今度は、
 「温泉の記事も連載していますよね! 温泉の講師ではいかがでしょう?」
 ということになり、温泉の講師は全国でも珍しいということもあり、お受けすることになりました。


 で、今回です。
 今夏に出版した 『民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) を読まれた担当者から連絡がありました。
 「先生のご本、売れていますね。書店のランキングを見ましたよ」
 と、いきなり持ち上げられ、畳み込まれてしまいました。
 でもね、今回も一応は、断ったんですよ。
 「僕は民話の研究家ではありません。そういうのは専門家にお願いしたほうが、よろしいんじゃないですか?」
 って。
 そしたら、
 「いえいえ、体当たり取材した、その舞台裏の話をしてください。きっと面白い講座になりますよ」
 とかなんとか言われて、気安く返事をしてしまいました。


 と、いうことで、来年1月~3月の第3火曜日にNHK文化センター前橋教室で、『ぐんま県 民話と伝説の舞台裏』 講座の講師をすることになりました。
 ご興味のある方は、お問い合わせください。

 ■1月15日から3回 (1~3月)
 ■第3火曜日 10:30~12:00
 ■会員 7,776円 一般 8,780円 教材費 1,000円
 ●問合/NHK文化センター前橋教室 TEL.027-221-1211

 ※詳しい講義内容については、後日ブログにて公表します。
  


Posted by 小暮 淳 at 12:18Comments(0)講座・教室

2018年11月23日

酒のためなら何処までも


 「なんで、こだわるの?」
 と問われれば、
 「酒が好きだから」
 としか答えようがありません。


 群馬という地方で暮らす以上、車は手放せません。
 仕事に、レジャーに、日々の生活に、車は最低必要条件なのです。
 だから、のん兵衛には困ります。

 “飲んだら乗るな、乗るなら飲むな”

 社会ルールに従えば、不便を覚悟で、公共交通機関と徒歩を利用するしかありません。


 僕は2006年から 「ちいきしんぶん」 という高崎市のフリーペーパーに、車を使わない旅のエッセイを連載しています。
山を登り、里を歩き、滝や渓谷をめぐるシリーズは、2011年に 『電車とバスで行く ぐんまの里山てくてく歩き』(上毛新聞) という書籍として出版されました。
 おかげさまで、すぐに増刷され、今でも春と秋の観光シーズンには書店の特設コーナーに陳列していただいています。

 なぜに、長きにわたり読者に愛されているのか?
 それは “不便な旅” を楽しみたいからに、ほかなりません。

 ま、僕の場合、不便を楽しみたいからではなく、酒が飲みたいからなのですが、結果、不便も一緒に楽しんでいます。


 昨日は丸一日、JRと私鉄の電車を乗り継いで、往復1時間半も歩いて、酒を飲んで来ました。
 今回のテーマは、“晩酌” です。
 これからの寒い季節、やっぱ熱燗が恋しくなります。
 燗をするとなれば、やっぱ甘口の酒です。

 県内でも唯一、もち米を使って甘口の酒を造っている酒蔵があるというので、訪ねてきました。

 冷えた体に染み渡る、燗の酒!
 酒自体に味があり、つまみが無くてもクイクイといけてしまうのが、甘口のなせる技です。
 淡麗や辛口の酒が多過ぎると、お嘆きの貴兄、世の中捨てたもんじゃありませんぜ!
 まだまだ晩酌専用の硬派な酒を造り続けている蔵人が、群馬にはいるんです。


 ちょっぴり試飲が過ぎてしまい、ほろ酔い千鳥足で歩き出しました。
 無人駅で電車を待つ間の風の冷たさが、いいのです。

 「さ~、夕陽が沈むぞ~! 本番は、これからだ~!!」
 と、カメラマン氏と連れ立って、夜の街へと繰り出したのでありました。


 ※次回 『群馬の地酒 ほろ酔い街渡(ガイド)』 は、「ちいきしんぶん」 12月21日号に掲載されます。
  


Posted by 小暮 淳 at 12:00Comments(2)取材百景

2018年11月21日

美肌と温泉と空っ風


 今年も最下位でした!
 毎年、化粧品会社が発表している 「ニッポン美肌県グランプリ」 です。
 これで群馬県は、3年連続の最下位です。

 昨年までは、テレビや新聞から取材を受けたんですけどね。
 「全国屈指の温泉県なのに、どうしてなんでしょう?」 的な。
 さすが3年目となると、温泉とのこじつけ取材は来ませんでした。

 だから、あえて大きな声で言います。
 「美肌ランキングと温泉は関係ありません!」


 このグランプリ、上位の県をみれば、理由は一目瞭然です。
 1位は島根県、2位は秋田県、3位は石川県……
 そのあとも日本海側が続きます。
 いわゆる、日照時間が短く、湿気の多い土地です。

 一方、群馬県は日照時間が長く、紫外線を浴びやすく、湿気が少なく、冬には乾燥した “空っ風” が吹き荒れます。
 肌にとっては、劣悪な環境なのです。
 「温泉があるのにね」 と言われても、それ以上の過酷な土地ということです。

 でも、恩恵もあります。
 日照時間が長いということは、農作物の生育には好条件です。
 だから群馬の野菜はうまいんです!
 年間の生産量だって、全国5位以内の品目が20種もあるといいますから、まさに太陽の恵みを十分に活用している県なのです。


 もし、これに温泉の効能が加わったら……

 群馬県は肌には劣悪な土地なのに、美肌県グランプリのランキングは常に上位!
 なーんてことになったら、群馬の “湯力(ゆぢから)” を証明できるんですけどね。

 県民のみなさん、いかがですか?
 もっともっと温泉に入って、美肌ランキングを上げましょう!
  


Posted by 小暮 淳 at 14:10Comments(2)温泉雑話

2018年11月19日

暮れ展の季節


 今年も届きました。
 墨一色で刷られた鬼の版画が印刷されたDM。
 『でくの房 暮れ展』 のお知らせです。

 「でくの房」 とは、木彫家で版画家で絵本作家でもある野村たかあきさんの工房であります。
 そして 「暮れ展」 とは、年に1回、工房が一般開放される企画展であります。


 野村さんといえば、読者の方は覚えていますよね!?
 今年の8月、野村さんの絵本原画展の会場で、僕がゲストに呼ばれてトークショーを行いました。
 ※(当ブログの2018年7月4日 「ふたりのトークショー」 参照)

 あの日は、僕の新刊 『民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) 出版を記念した先行販売サイン会も同時開催していただき、僕の読者だけではなく、野村さんのファンの方々も大勢来てくださいました。
 改めて、野村さんの知名度とファン層の厚さに、驚かされました。

 そんな野村さんの工房が1年に1度、作品の展示会場となるのが 「暮れ展」 なのです。
 開催初日の昨日、一番乗りで、会場を訪ねました。
 (僕は毎年、初日に一番乗りをして、芳名帳の一番最初に署名することにしています)

 会場には、野村さんの木彫や版画の展示のほか、絵本の販売がされています。
 でも僕のお目当ては、ここでしか買えない木版画のカレンダーです。
 ファンなら必ず毎年、年末になると購入するレア物であります。

 ・鬼月から暦 500円
 ・鬼の木版画ごよみ 1,000円


 来年のことを話すと “鬼が笑う” といいますが、いいではありませんか!
 大いに笑い、笑われながら、平成最後の正月を迎えましょう!!



      『でくの房 暮れ展』

 ●会期  平成30年11月18日(日)~12月2日(日)
        午前11痔~午後5時 (入場無料)
 ●会場  でくの房 TEL.027-243-7061
        群馬県前橋市朝日町4-1-18
  


Posted by 小暮 淳 at 17:50Comments(0)ライブ・イベント

2018年11月18日

パネディスを終えて


 昨日、僕が代表を務めるNPO法人 『湯治乃邑(くに)』 主催による公開パネルディスカッションが、高崎市産業創造館にて開催されました。
 今年で、第3回を迎えました。
 テーマは、一貫して “湯治場の復活を考える”。
 消えゆく群馬の一軒宿を救済するべく、3年前の設立当初より掲げているテーマであります。

 毎回、温泉関係者のほか、医療や介護など多方面からゲストを招き、楽しくて、ためになる温泉トークをしています。
 今回は、日本の温泉文化を群馬からユネスコ無形文化遺産へ登録させようという運動を起こした高崎商科大学特任教授の熊倉浩靖さんと、僕が 「温泉大使」 を務める四万温泉(中之条町) から温泉協会事務局長の森博昭さんをお招きして、たっぷりと2時間にわたるトークショーを行いました。

 熊倉さんは、日本の温泉文化のすばらしさと、なぜ今、群馬からなのか?について、資料を交えながら分かりやすく解説してくださいました。
 森さんは、県内でも希少な湯治文化が残る四万温泉の歴史と、現代に継承された新しい湯治スタイルについて説明していただきました。
 僕にとっても目からウロコの発見があり、ワクワク、ドキドキの楽しい2時間でした。


 何よりも3回目にして一番の収穫は、参加された聴講者たちの幅広さでした。
 年齢、性別を問わず、県内外から参加してくださいました。
 下は40代から最高齢は90歳まで。
 新幹線に乗って、わざわざ東京から来てくださった方もいました。

 そして、みなさん、本当に熱心に聴いてくださいました。
 今までになく、メモを取られていた人が多かった!
 また、テレビや新聞など報道関係者が参加してくださったのも、新たな展開といえます。


 最初は、一人の “温泉バカ” の小さなつぶやきでした。
 でも、それが少しずつですが誰かに届き、声は大きくなりつつあります。

 「このままではいけない」 「未来に温泉を残したい」

 小さなつぶやきが、いつしか大きなうねりとなって、日本中を駆け抜ける日が来ることを夢見ています。


 参加してくださったみなさん、本当に本当に、ありがとうございました。
 これからも 『湯治乃邑』 の活動に、ご支援およびご鞭撻をよろしくお願いいたします。
  


Posted by 小暮 淳 at 10:43Comments(0)湯治乃邑

2018年11月15日

あっぱれ! くまざわ書店


 「小暮さん、続々と書店から追加注文が入っています!」
 今週、出版元の担当編集者から興奮気味に、電話がありました。
 8月に出版した新刊 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) のことです。
 著者としては、嬉しい限りであります。

 「なかでも、くまざわ書店は圧巻ですよ!」

 くまざわ書店とは、高崎駅ビル内にある大きな書店です。
 一昨日、高崎市まで行く用事があったので、店をのぞいてみました。


 お、お、おおおおおーーー!!!!
 す、す、すごーーーーーい!!!!

 入口正面の目の高さの棚に、ポップ付きでディスプレイされているではありませんか!
 しかも、そこだけではありません。
 奥の郷土書籍のコーナーにも、ポスター貼りでディスプレーされています。
 とにかく、目立ちます。

 さらに極め付きは、新聞の掲示です。
 2ヶ所とも、本のまわりに、
 ① 日経新聞(9月8日付)
 ② タカタイ【高崎タイムス】(9月14日付)
 ③ 上毛新聞(9月16日付)
 ④ 毎日新聞(9月17日付)
 掲載された4紙すべての書評や記事が、ご丁寧にラミネート加工され、ディスプレイされているのです。

 まさに “破格の扱い”、圧巻であります。
 あっぱれ! くまざわ書店。


 店長をはじめとする従業員のみなさん、ありがとうございます。
 今後とも、よろしくお願いいたします。
  


Posted by 小暮 淳 at 13:09Comments(0)著書関連

2018年11月13日

あめ玉とえびせん


 「こんにちは。最近、おじいさんを見かけませんけど……」
 愛犬のマロ君を散歩させていると、近所の人から声をかけられます。
 「ええ、めっきり足が弱ってしまいましてね」
 「おいくつになられました?」
 「94歳になりました」
 「あれ、まあ、ご長寿ですこと。お元気なんでしょう?」
 「ええ、おかげさまで、頭と足以外は」


 終わりある介護生活も終盤を迎えています。

 オフクロは91歳。
 脳梗塞と脳出血の後遺症もあり、リハビリ施設に入院しています。
 まさに寝たきりの状態で、いつ訪ねていっても、爆睡状態です。
 声をかけても、体をゆすっても起きないことが多く、そんなときは、そっと着替えと洗濯物を交換して帰ってきます。

 オヤジは、相変わらずです。
 それでも1年前と比べると、確実に老化は進んでいます。
 完全に自力歩行ができなくなりました。
 足の筋肉が衰えてしまったようです。

 立ったり、座ったり、トイレへ行ったりは、介助なしでは動けません。
 以前のように徘徊する心配はなくなりましたが、依然、片時も目は離せません。
 自分は歩けると思い込んでいるので、一生懸命に立ち上がろうとします。
 ところが手も足も力尽きて、ゴロンと転倒します。
 そして、そのままカメのように起き上がることはありません。

 なので、片時も目が離せないのです。


 以前、ブログに 『キャラメル作戦』 というタイトルの記事を載せたところ、各方面から反響をいただきました。
 介護中、目を離したい時に、キャラメルやあめ玉をオヤジの口に入れて、時間を稼ぐという話です。
 ※(2018年9月18日付、参照)

 最近は、これに加え “えびせん戦法” も併用しています。
 「かっぱえびせん」 です。
 これまた、オヤジの大好物であります。
 小さな菓子鉢に、えびせんを数個入れて渡します。
 オヤジは歯がありませんので、これを1つずつ口に入れて、しゃぶりながら溶かして食べます。

 菓子鉢に5~6個も入れておけば、かなりの時間、ジッとしていてくれるのです。
 この間に僕は、仕事場へ行き、メールのチェックや資料探しをしています。


 介護が長引けば長引くほど、こちらも知恵をつけるものです。
  


Posted by 小暮 淳 at 12:17Comments(0)つれづれ

2018年11月10日

逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛


 <変身ヒーローが集団で正義を振りかざすようになってから、子供たちのいじめがひどくなった>
 という一文を小説の中で見つけました。

 なるほど、その昔は、ヒーローは1人で、敵の悪人も1人、もしくはプラス、手下が大勢でした。
 いつからか戦隊モノという複数のヒーローが現れて、1人(1匹?) の悪者(怪人) をよってたかって成敗するようになったのです。
 “正義” という御旗の下、みんなで懲らしめるのです。


 またしても、イヤなニュースが飛び込んできました。
 都内の中学2年生の女子が、いじめから逃れるために転校したにもかかわらず、SNSによる誹謗中傷はなくならず、電車に飛び込んで自殺を図ってしまいました。

 僕は、たびたび、このブログでも子どもたちに、「逃げろ!」 と言ってきました。
 「学校がすべてじゃないんだ」 って。
 とりあえず、逃げれば、新しい何かが始まるのだから……って。

 だから、この女子は、親と先生に相談して、転校までしたのです。
 なのに、なのに、なのに! なぜ?

 いじめからの “逃亡説” を唱えていた僕には、いまだに激震が襲っています。
 だって、逃げても逃げても “いじめ” が、追いかけて来るのですから!
 SNSという見えないロープが巻きついて、恐怖でがんじがらめになるのです。


 はたして、子どもにスマホは必要なのでしょうか?

 我が家の3人の子どもたちには、高校生になるまでケータイを持たせませんでした。
 さらにケータイを持つ条件として、“通信料は自分で払うこと” を約束させました。
 だから当然、アルバイトを始めました。
 自分で払えば、使い過ぎることもありません。

 でも、あれから、さらに時代は変わりました。
 ケータイは通信機器ですが、スマホはコンピュータです。
 便利ではあるけれど、その先には計り知れない危険が隠されています。

 大人だって使いこなせなくて、ガラケーに戻る人がいるのですから、まだ社会を知らない子どもに持たせるには、危険過ぎる “オモチャ” だと思うのです。


 もし、この自殺した女子が、いじめから逃れるためにスマホを放棄していたら……

 そしたら転校した学校で、仲間はずれにされていたのかもしれませんね。


 ここまで来ると、さすがに降参です。
 いじめは、“昭和の頭” では解決しそうにありません。
   


Posted by 小暮 淳 at 12:07Comments(0)つれづれ

2018年11月07日

2週連続オンエア!


 「生放送じゃ、ないんだ?」
 「ええ、まあ、小暮さんの場合は……」
 「えっ? なんで?」
 「はあ……、なんというか、話が面白過ぎるというか……(苦笑)」

 先日のエフエム群馬の収録前、打ち合わせの席でのことです。
 馴染みのディレクターが、しどろもどろに答えます。

 「俺の話が長いってか? 編集しないと時間内に収まらないということね」
 「はい! いや、そうでじゃなくて、なんていうか、あのー、リスナーに、たっぷり話を聞いていただきたいので……(涙笑)」


 ということで、なんと2週にわたり出演することになりました!
 番組は 「G☆FORCE」。
 パーソナリティーは、竹村淳矢さんと櫻井三千代さん。
 「人間力向上委員会」 のコーナーで、たっぷりとお話します。

 テーマは、題して “民話と伝説の舞台裏”。
 新刊 『民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) の取材秘話や舞台の裏話など、3人で爆笑バトルトークいたします。
 ※(関連ブログ=2018年11月3日 「民話と伝説の舞台裏トーク」 参照)

 お聴き逃しなく!



 ●放送局  FMぐんま (86.3MHz)
 ●番組名  「G☆FORCE」 人間力向上委員会
 ●放送日  前編/2018年11月12日(月) 13:01~
         後編/2018年11月19日(月) 13:01~
   


Posted by 小暮 淳 at 19:03Comments(0)テレビ・ラジオ

2018年11月06日

マロの独白(43) センダングサ撲滅作戦


 こんにちワン! マロっす!!
 ここんちの飼い犬、チワワのオス、12才です。

 お久しぶりでやんした。
 めっきり朝夕が寒くなりやしたね。
 それでも日中は日差しがたっぷりで、散歩には最高の季節でやんす。

 でも、でもでもでもーー!!!
 この時季は毎日、ご主人様のカミナリが落ちっぱなしなんです。
 読者の方なら、もう、お分かりですよね?

 そう、“くっつき虫” の季節なんです!

 ご主人様の言うところの 「くっつき虫」 とは、「センダングサ」 という雑草のことです。
 図鑑によれば、
 <葉が羽状複葉で、樹木のセンダンに似ているのでこの名がある。やや湿り気のある道ばたや川原に生える一年草。>
 とありますが、問題は、その “実” なんでやんす。
 <線状の実が放射状に集まってつく。実の先端には下向きの刺があり、動物や衣服にくっついて運ばれる。>


 「おい、バカマロ! そっちへ行くな! くっつき虫がいるだろ!」
 「あーーー、ほら、いったこっちゃない! 全身くっつき虫だらけじゃないか!」
 と、毎日毎日、ご主人様のお怒りに触れてしまうのです。

 というのも、オイラ、チワワでも毛の長いロングコートなんでやんすよ。
 だから、ちょっと草むらに入っただけで、“けっこう毛だらけマロくっつき虫だらけ” になってしまいます。

 「バカマロ! これ全部取るの大変なの分かっているだろ?」
 「ごめんなさい、ご主人様」
 「何度言ったら分かるんだよ。今度やったら、散歩は中止だからな」
 「えっ、そんな……。悪いのオイラじゃなくて、くっつき虫なんだけどな……」


 ある日のこと。
 いつもはオイラが先に歩いて、ご主人様が後ろからついて来るのですが、気が付いたら逆になっていました。
 ご主人が先を歩いて、道ばたにしゃがみ込んでは、何かをなさっています。
 「ご主人様、何をしているのですか?」
 「ほーら、こんなに抜けたぞ!」
 「あっ、くっつき虫じゃないですか!!」

 そーだったのです。
 ご主人様は、オイラが通る前に、道ばたのセンダングサを抜いて歩いていたのです。

 「これから毎日、散歩コースのくっつき虫を退治しような」
 「それは名案ですね。さすが、ご主人様です」


 それから数日経った昨日のこと。
 いつものように、洗面所で足を洗ってもらっている時です。
 「あれ、なんだよ、マロ! 首の下に、こんなにもくっつき虫がいるじゃないか! どこで付けたんだ?」
 「いえ、知りません。いつもの散歩コースを歩いただけですよ」
 すると、ご主人様ったら、
 「うーーーーっ、にっくき、くっつき虫よ! かんべんならん! こうなりゃ、徹底的に抜き取ってやる。明日からは撲滅作戦だー!!!!」
 と、怒り心頭のご様子。

 ご主人様、がんばれ~!
 オイラは、高みの見物でやんす。
  


Posted by 小暮 淳 at 12:10Comments(2)マロの独白

2018年11月04日

7年ぶりのランクイン


 今朝、のんびりとコーヒーをすすりながら、何気に新聞をめくっていました。
 すると、

 おっ! おおおおおーーー!!!

 目に留まったのは、“小暮淳” という自分の名前でした。
 寄稿した記事でもなく、取材を受けた記事でもありません。

 上毛新聞の 「読書」 欄であります。
 「週間ベスト10」 (10月21日~27日、前橋・煥乎堂本店調べ)
 この 「単行本・新書」 の売り上げランキングの10位に僕の名前があるのです!

 ⑩ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台 (小暮淳、ちいきしんぶん、1000円)

 今年8月に出版した新刊であります。


 僕の本が最後に、このランキングに登場したのは2011年10月でした。
 著書は 『あなたにも教えたい四万温泉』(上毛新聞社)。
 その後も毎年、本を出版してきましたが、書店の売り上げランキングに載ることはありませんでした。

 7年ぶりの快挙であります!


 今日は朝から出版・編集にたずさわった関係者から、祝福のメールが飛び交っています。
 みなさん、ありがとうございました。
 今夜は、7年ぶりの美酒に酔いたいと思います。
   


Posted by 小暮 淳 at 11:40Comments(0)著書関連

2018年11月03日

民話と伝説の舞台裏トーク


 今週、エフエム群馬のスタジオにて、収録をしてきました。
 番組は、ご存じ! 「G☆FORCE」 であります。
 そしてパーソナリティーは、これまた人気不動のあのおふたり!
 竹村淳矢さんと櫻井三千代さんであります。

 前回の出演は昨年秋、中之条町からの公開生放送でした。
 僕は、中之条町観光大使としてゲスト出演しました。

 そして、今回は……


 毎年僕は、春に温泉本のPRを兼ねて、スタジオにお邪魔してしています。
 だから、いつもならば 「おなじみの “淳” レギュラーのジュンジュンこと、温泉ライターの小暮淳さんをお迎えして」 と始まるのですが、今回は違いました。
 そーなんです!
 温泉ライターとしてではなく、“謎学ライター” として出演してきました。

 今年8月に出版した新刊 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) のPRを兼ねて、民話と伝説に隠されたミステリーの読み解き方なんぞを、たっぷりと話してきました。
 まー、話がはずんではずんで、ころがって、とんでもない方向にまで盛り上がってしまいました。

 竹村さんも櫻井さんも、すでに本を熟読しているものだから、内容に詳しいんです。
 僕に浴びせる質問だって、かなりコアなんです。
 だから気が付いたら三つ巴のトークバトルが過ぎて、ディレクターから目線で仲裁が入るほどでした。


 「あれ、本を読んだ人しか分からない盛り上がり方でしたよ」
 収録終了後、僕が言うと、櫻井女史いわく、
 「いーの、いーの、あれ聞けば、リスナーは本を読みたくなるから」

 まあ、それくらい白熱した謎学の “舞台裏トーク” だったのであります。


 今回は特番で、2週にわたり放送されます。
 詳しくは後日、告知いたします。
 お楽しみに!
  


Posted by 小暮 淳 at 12:20Comments(0)テレビ・ラジオ