温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月05日

永遠の夏休み ~stand by me~


 夏になると、読みたくなる小説があります。

 毎年、ふっと思い出し、書庫に駆け込み、ひと通り探してみるのですが、見当たりません。
 「確か、あったはずなのに……」
 そう、一人ごちながら、あきらめてしまうのが常でした。


 でも、今年は違いました。
 「絶対、あるはず!」
 と信念をもって、徹底的に探しました。

 でも、見当たりません。
 ここまで探して見つからないと、例年のように、あきらめられません。
 「見つからないということは、ないんだ!」
 と、探すことをあきらめた僕は、書店に直行しました。
 そして、数十年ぶりに、本と再会しました。


 湯本香樹実・著 『夏の庭 ─ The Friends ─ 』 (新潮文庫)


 物語は、小学6年生の仲良し3人組男子の、ひと夏の経験です。
 1人が、祖母の葬式に参列してきた話をするシーンから始まります。
 「人は死ぬと焼かれるんだ」 「一時間後には骨になるんだ」 「その骨を、みんなでお箸でつまんで、骨壺に入れるんだ」

 2人は、本物の 『死んだ人』 を見たことのある友人に羨望を抱き、嫉妬します。
 そして、それが、夏休み最大の課題となりました。

 人は死んだら、どうなるのか?
 この目で、見てみたい。

 ある日、3人は、近所の婦人たちが話していたうわさ話で盛り上がります。
 「あそこのおじいさん、もうじき死ぬんじゃないかって言ってた」

 だったら、そのおじいさんの死ぬ瞬間を見てやろう!

 そして、3人のひと夏の冒険が始まります。
 まさに、日本版 「スタンド・バイ・ミー」 なのであります。


 この小説が書かれたのは、平成4(1992)年ですから、僕は、すでに大人でした。
 なのに、強烈な印象を残しているのは、完全に忘れてしまっていた小学生時代の瑞々しい感性が、読後によみがえって来たからであります。
 “夏休み” という甘酸っぱい響きと、“冒険” という心くすぐる体験。
 そこに、“死” という未知への恐怖が加わり、少年たちの夏は、一気に盛り上がります。

 同時に、僕の中に眠っていた少年も目覚め、彼らと一緒に、ひと夏の冒険をするのでした。

 「これで、今年の夏休みも終わったな」
 それが、今回の読後の感想であります。


 ちなみに本作品は、平成5(1993)年に日本児童文学者協会新人賞、児童文芸新人賞を受賞。
 また映画・舞台化もされ、世界10ヵ国以上で翻訳され、同9(1997)年にボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ミルドレッド・バチェルダー賞に輝いています。

 ご興味を抱いた方には、一読をおすすめします。
 ひと足遅れの夏休みを体験をしてみては、いかがですか?
   


Posted by 小暮 淳 at 13:02Comments(0)読書志向

2021年10月26日

KAPPA


 昨年は一年間、講演やセミナーの講師の仕事が、軒並み中止か延期となりました。
 また温泉地の取材もコロナ禍ということで、暗黙の御法度となり、動きの取れない一年でした。

 そんな中、唯一の朗報が、著書 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) の増刷でした。
 コロナ禍という逆風が、人々を3密を避けた “謎学の旅” へといざなったようであります。


 そんなコロナ禍の影響もあり、僕の講演活動にも異変が起きています。
 コロナ以前は、講演の依頼の8割は、“温泉” がテーマでした。
 それがコロナ禍となり、“民話” の依頼が増えました。

 現在、年内に予定されている講演は、あと6回。
 うち温泉は2回、民話は4回です。
 完全に逆転してしまいました。

 コロナ禍ゆえの非接触で楽しめるテーマでの講演が求められているようであります。


 さて、民話の講演では、会場のある地元の民話に触れながら話を進めていきます。
 必ず登場するのが 「カッパ伝説」 です。

 “河の童” と書いて、カッパですが、呼び名は地方によって様々です。
 関西では河太郎(ガタロ)、九州ではガワラッパ、中国・四国ではエンコ、東北ではメンツチ、メドチなどと呼ばれています。
 不思議なのは、呼び名は違えど、カッパは全国に棲息(?)していたということです。

 なぜ同一生物だと分かったのか?
 それは、外見の特長が同じだったからにほかなりません。

 ≪水陸両生、形は四~五歳の子供のようで、顔は虎に似、くちばしはとがり、身にうろこや甲羅があり、毛髪はなく、頭上に凹みがあって少量の水を容れる。その水のある間は陸上でも力強く、他の動物を水中に引き入れて血を吸う。≫ (「広辞苑」より)


 群馬県内にもカッパ伝説は、多数点在しています。
 調べると、とても面白いことが分かりました。

 赤城山~榛名山を境に、南のカッパは、いたずら小僧で、やっかい者。
 一方、北のカッパは人間に、とっちめられ、改心して、恩返しに現れます。
 県内だけでも個性豊かなカッパ伝説ですから、全国となると人間を喰ってしまうような、それはそれは恐ろしいカッパ伝説もあります。


 というのも、たまたま今、僕は作家・柴田哲孝氏の小説 『KAPPA』 を再読中なのであります。

 舞台は関東地方のとある沼。
 “河童” が人を喰うという事件が発生します。
 はたして本当に河童は実在するのか?
 事件に関わる個性的な男たちが、さまざまな人間模様の中で謎を解明していきます。

 再読なので、結末は知っているのですが、それでもワクワクしながら小説を読んでいます。


 やっぱり、カッパはいます!
   


Posted by 小暮 淳 at 11:27Comments(0)読書志向

2021年09月18日

オオカミに乗って


 目が覚めると、そこは薄暗い洞窟の中だった。
 ウッとむせ返るような獣臭が、鼻孔を突いた。
 寝床を手で探ると、フカフカの毛皮の上だった。

 やがて洞窟の入り口から朝日が射すと、状況が分かってきた。
 何頭ものオオカミの群れ……
 そのオオカミの群れの真ん中に、僕は横たわっていた。

 突然、群れが一斉に洞窟の入り口を向いた。
 一頭の若いオオカミが、息を切らしている。
 そして話し声がする。

 なぜか僕は、オオカミの言葉が分かるらしい。
 「人間が、すぐそこまで来ている。森が荒らされている」

 すると、ムクッと寝床が動き、僕は地面に振り落とされてしまった。
 僕が寝ていたのは、群れの中でも一番大きなオオカミの腹の上だったのだ。

 「ロボ、どこへ行くの?」
 僕は、なぜか一番大きなオオカミの名前を知っていた。
 たぶん、子どもの頃に読んだシートン動物記の 『オオカミ王 ロボ』 から勝手に付けた名前だと思うけど……。

 「行く」
 「どうして?」
 「この森は人間のものじゃない」
 そう言うとロボは、洞窟を飛び出した。

 「まってよ、僕も行くよ!」
 僕はロボの背中に飛び乗った。
 後からオオカミの群れも続いた。

 ロボは疾風のごとく、森の中を走り抜けた。


 ここで夢から覚めました。
 なぜ、こんな夢を見たのかは分かっています。
 寝る前に、柴田哲孝・著 『WOLF』 という本を読んだからです。

 舞台は埼玉県の奥秩父。
 両神山周辺で次々と家畜が襲われる不可思議な事件が発生します。
 昔から “山犬伝説” が残る地で、その山犬らしき大型動物の群れが徘徊しているという目撃談が警察に寄せられていました。

 という柴田哲孝氏お得意のネイチャーミステリーであります。


 山犬とはオオカミのことです。
 日本にはかつて 「ニホンオオカミ」 が生息していましたが、明治時代に絶滅しています。
 でも僕は、この絶滅したニホンオオカミが、今でも日本のどこかで生き延びているのではないかと思っています。
 そう思うようになったのは、かれこれ15年以上も前のこと。
 取材で “幻の犬” を見てからです。

 群馬県上野村に、十石犬 (じっこくいぬ) という犬が保存会により守られています。
 柴犬のルーツといわれる土着犬です。
 昭和の初め、長野との県境にある十石峠で、「すごい犬を見た!」 というウワサが広がりましたが、やがてウワサはなくなり、昭和30年代には絶滅したといわれています。

 ところが上野村で十石犬の血を受け継ぐ犬の交配を繰り返し、復活させたというニュースを知り、僕は取材に飛んで行きました。
 そのとき見た、十石犬の “目” が今も忘れられません。

 “クサビを打ったような沈んだ目”
 保存会の人は、十石犬の目のことを、そう言います。
 確かに見つめていると、深い沼のようで吸い込まれそうになる独特の目をしていました。


 だもの、きっとニホンオオカミも、どこかにいますって!
 たとえ絶滅したとしても、血を受け継ぐ山犬が生きていると思うんです。

 夢の中で見た夢が叶う日を、僕は夢見ています。


 ※(十石犬については、当ブログ2010年11月9日、12日の 「十石犬を追え!」 上・下を参照)

   


Posted by 小暮 淳 at 17:27Comments(0)読書志向

2015年11月27日

TENGU


 <もし一連の事件の舞台が沼田でなかったとしたら、誰もあの男のことを “天狗” とは呼ばなかっただろう。>


 今年も残すところ1ヶ月余り。
 僕も人並みに今月は忙しく、取材に講演に飛び回っています。
 週の半分以上は家を空けているので、たまに家にいる日は、朝から原稿書きに追われています。

 今週は火曜日に、月例の温泉講座があり、受講生たちとバスで沼田市の老神温泉へ行ってきました。
 この講座では毎月、県内外の名湯および秘湯の宿を訪ねています。
 県外などの遠い温泉へ行く時は、行き帰りの休憩でサービスエリアや道の駅に立ち寄るくらいで、ほとんど寄り道はしません。
 でも今回は、前橋・高崎から高速道路を利用すれば、1時間ほどで着いてしまう近距離です。
 こんなときは、近隣の名所旧跡を見学することにしています。

 で、今回は、沼田市にある迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ) に寄ってきました。
 県民ならば誰もが知っている、大天狗が奉られている寺院です。
 “お天狗様” と呼ばれ、商売繁盛、五穀豊穣、開運の神様として信仰されています。

 ま、僕も幾度となく訪れていますし、受講生たちも 「初めて来た」 という人はいなかったようです。
 個人的に僕は、子どもの頃に家族と来て、恐い思いをした記憶があるので、あまり行きたいところではないのですが、それでも久しぶりに、あの大天狗の面を見ると、「おおおっー!」 と改めて感動するのでした。
 ※(2012年10月30日 「月夜野温泉 みねの湯 つきよの館⑩」 参照)


 もう1つ、迦葉山というと思い出すのが、ここを舞台にして書かれた作家・柴田哲孝の 『TENGU』 という小説です。
 氏は、この小説で第9回大藪春彦賞を受賞しています。
 冒頭の文章は、その一説です。

 <沼田は天狗の町である。市内のいたる所に天狗の文字やその図柄が描かれ、この町を訪れる者を伝説の世界へと誘ってやまない。>

 そして、天狗伝説は伝説にとどまらず、凄惨きわまりない連続殺人事件を巻き起こします。
 はたして “天狗” の正体は?
 あっと驚く結末が、読者を待ち受けています。

 まだお読みでない人は、ぜひ、一読されたし。
 その後で、迦葉山を訪ねることをお勧めします。

 境内で、思わず振り返り、生い茂る木々の一本一本を凝視してしまうことでしょう!
 今回、僕がそうでしたもの……。
  


Posted by 小暮 淳 at 18:13Comments(5)読書志向

2014年06月20日

読むべからず!②


 暑さのせいしょうか、このところマロ君の元気がありません。

 マロ君とは、我が家のおバカ犬であります。
 チワワのオスで、来月誕生日が来ると、満8才になります。

 小型犬の8才は、人間に例えると50代半ばらしいですね。
 と、いうことは、いつしか彼は、僕と同年代になってしまったようです。
 中年から初老の階段を上っているわけであります。

 だもの、無理はありません。
 僕だって、以前のように、日に何湯も温泉に入れなくなりましたもの。
 暑気あたり、湯あたり、御免!
 だんだん、夏場のハードな取材は、しんどくなっています。


 元気がないといっても、食欲はあるので、あんまり心配はしていないんですけどね。
 でも以前のように、「散歩に連れて行け~! ワンワンワン!」 ていう積極的な態度が見られません。

 「おい、マロ! 散歩へ行くぞ」
 と僕がリードを取り出しても、
 「え~、ダリ~な。今じゃなけりゃ、ダメですか?」
 てな目をして、シブシブ出かけるのであります。

 散歩に出ても、以前のように走り回らない。
 チョチョっと2、3回オシッコをしただけで、すぐに家に入ろうとします。
 そして家の中で、一日中寝ています。

 「ねえ、マロさ、病気なんじやないの?」
 と、末娘は心配しますが、ダルそうに生活をしているだけで、別段、悪いところはなさそうです。

 でもね、犬の寿命は人間より短いですから、いつかは僕ら家族よりも先にあの世へ行ってしまうんでしょうね。
 そう思うと、いとおしくて、いとおしくて、なりません。
 「おい、マロ! オレより先に死ぬなよな。20年でも、30年でも生きていいんだからな」
 なんて、知らず知らずのうちに、声をかけているのであります。


 そんな折、『猫鳴り』 を読んでしまいました。
 『猫鳴り』 は、沼田まほかるさんの小説です。
 以前にもブログで紹介しましたが、沼田まほかるさんは、僕が今、ハマっている作家の1人です。

 20年も生きた愛猫、モンの最期の日々をつづった物語。
 次第に衰弱するモンの肉体を、観察し続ける主人公のやるせない思いが、ひしひしと伝わってくる傑作であります。
 が!
 読んでいて、いつしか僕は、モンとマロがタブってしまって、何度も本を閉じてしまいました。

 だって、残酷過ぎます。
 愛するものとの別れ。それも小さな命が事尽きるまでの描写は、涙なしではページを読み進むことはできませんでした。


 読むべからず!

 愛犬、愛猫と暮らしている人には、とっても勇気が必要な小説です。
   


Posted by 小暮 淳 at 21:05Comments(0)読書志向

2013年08月05日

読むべからず!


 みなさんは、本を買ったら、どこから読みますか?

 僕の場合、まず書店で、帯やカバーに書かれた宣伝コピーに目を通し、興味が湧いたら、おもむろに店頭で1ページ目の冒頭部分を読み出します。
 最初の10行が勝負です!

 すーっと、入り込めれば、その本は “買い” となります。


 問題は、家に帰ってからであります。
 すぐに続きを読み出せば、いいのですが、僕は、「あとがき」 や 「解説」 を先に読むクセがあるんです。
 (たぶん、そういう人は、多いと思います)

 「あとがき」 は著者が書いているので、先に読んでも別段問題はないのですが、「解説」 は他の作家や評論家が書いているので、人によっては先に読むのは良し悪しなのであります。
 特に、ミステリーやサスペンスの場合、“あらすじ” を書いてしまう人もいますから・・・


 で、先日、やっちまいました!

 <ラストでそれが作者の仕掛けたワナだったことを知らされる。その驚きは圧巻だ。>
 <著者が絶対の自信を持って読者に仕掛ける超絶のトリック。>
 との宣伝コピー。

 読者や本屋が選ぶミステリーでも、評判の推理小説であります。
 「これは、ぜひ、一読しなくては!」 と、胸を躍られながらページをめくり出しました。

 ええ、「解説」 のページを・・・


 そしたら、読み出して数行で突然、こんな文章が、飛び込んできたのです。
 <尚、これ以降、事件の真相とトリックについて言及していますので、必ず作品を読んでからこの先に進んで下さいますようお願い致します。>

 ほほう、この解説者は、いきなり真相を明かしちゃうわけね。
 他に、著者の経歴だとか、他の作品についてだとかの知識はないのかよ。

 いわゆる、「あらすじ」 の暴露解説だったのです。

 ちぇっ、分かりましたよ。
 この先は読みませんよ。
 ええ、読んでなんか、やるもんか!

 と、半分、キレ気味に、ペラリと、もう1枚ページをめくった時です。

 <本書の最も大きなトリックは、○○が××で△△という、いわゆる●●トリックです。>

 という一文が、目に飛び込んできたのです。
 あっ、しまった!
 と思った時は、時すでに遅く、僕は、これから読もうとする “読者に仕掛けた超絶のトリック” を、いとも簡単に知ってしまったのであります。


 バカなことをした。
 もっと早く、引き返せば良かった。

 と思いましたが、もう、あとの祭りです。

 その昔、学生時代の休み時間に推理小説を読んでいたら、クラスメイトがやって来て
 「あっ、その本、オレ読んだ。犯人は○○だぜ!」
 と、告げられたとき以来のショックであります。
 そして、怒りまで、こみ上げてきました。

 もちろん、この解説者に対してですよ!

 いや、でも、解説者は、“この先は読むな” と但し書きをしているのであります。
 悪いのは、みんなみんな、自分なのです。


 で、その後、どうしたのかって?

 はい、トリックと真相を百も承知で、小説を読みました。
 アッと驚くことはありませんでしたが、それでも小説としては充分に楽しめましたよ。

 みなさんは、「解説」 を先に読む場合は、くれぐれも注意をしてくださいね。


 ※ちなみに読んだ本は、群馬県出身のミスティー作家、中町信氏の 『模倣の殺意』(創元推理文庫) です。
   


Posted by 小暮 淳 at 21:33Comments(0)読書志向

2013年03月29日

空白の埋め草


 “読書量は仕事量に反比例する”


 ヒマです。
 今週は取材もなく、原稿書きも急を要するものがありません。
 スケジュール帳を見れば、打ち合わせと飲み会がポツンポツン・・・

 こんなときは、読書三昧と決めています。
 今週のはじめに、古本屋へ行って、何冊も文庫本を買い込んできました。

 ふだんは仕事の資料として、温泉本や郷土本ばかり読んでいるので、やはり趣味で読む本は、サスペンスやミステリーが多くなりますね。
 『九月が永遠に続けば』 を読んでから、ちょっとハマッテいるのが、沼田まほかるさんです。
 彼女特有のズッシリとした重い世界観が好きなのですが、主婦であり、僧侶を経て小説家になったという異色の経歴にも大変興味があります。


 昨日は書店に寄って、雑誌を2冊買いました。
 『週刊 日本の温泉』 と 『歴史人 別冊』。

 『週刊 日本の温泉』 は、今週創刊したばかり。
 以前、といっても10年も前ですが、『週刊 日本の名湯』 を全巻揃えたことがあるので、どうしようかと迷ったのですが、“創刊号特別価格190円” というのと “バインダー付き” という文字につられて、つい衝動買いをしてしまいました。

 『歴史人 別冊』 は、完全保存版 「江戸の暮らし大全」 です。
 これは、見ているだけでも楽しい!
 絵や写真が盛りだくさんで、歴史だけではく、長屋や湯屋、宿場や旅籠、商いの様子など、江戸庶民の暮らしがリアルに再現されています。
 チビリ、チビリと晩酌をしながらページをめくって、江戸文化を満喫しています。


 “歯医者通いは趣味”

 
 僕は、ヒマになると、必ず歯医者へ行く癖があります。
 臆病なんですね。
 臆病だから、取材中や旅行中に虫歯が痛くなることを、いつも妄想しているんです。
 だから、歯が痛くなくても、定期的に歯医者へは行きます。
 ※(どのくらい臆病かは、2010年10月25日「歯医者復活」参照)

 で、先週から歯医者へ通っています。
 先生も心得ていますから、
 「こんにちは、今回は、どうしましたか?」
 なんて、気さくに診察してくれます。

 今回は、一部分、欠けてしまっている歯があったので、これを治してもらうことにしました。

 キーーーーン キーーーーン
 っていう、あの歯を削る機械音、
 キライじゃ、ないんですよ!

 診察室へ入ったときの、スーーッと鼻を突く薬品の匂いも、
 キライじゃありません。

 なぜか、落ち着く空間なんですね。
 だから、
 「はい、今日で治療はおしまいです」
 と先生から言われる時が、一番さみしいんですよ。
 もっと、通いた~い!って。

 ヘンですかね?

 とりあえず、明日も歯医者へ行きますが、それでもスケジュール帳の空白は、なかなか埋まりません。
   


Posted by 小暮 淳 at 21:45Comments(0)読書志向