温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年07月16日

群馬には湯力がある!


 昨日は、高崎市で講演をしてきました。

 会場は、結婚式場の「ジョージアンハウス1997」。
 主催は、日頃からお世話になっている上毛新聞社さん。
 聴講者は、上毛新聞社協力会の会員さんたちです。

 会場には、スーツ姿のオジ様(オヤジではない) ばかり、ざっと約100名。
 みなさん、上毛新聞社のえら~い方々や、関連企業の社長さんばかりです。

 うっ、いつもと雰囲気が違う……
 ちょっと、空気が重々しいかも……

 こういった場合、とっさに判断しなくてはならないのが、しゃべり出しの“つかみ”をどうするかだ。

 こちらも重くいくか? 逆に笑いをとるか? えい、こうなったら怒りと情熱を見せて、問題定義から突入するか!

 と、いうことで “つかみ” は群馬DC(デスティネーションキャンペーン) ネタから入り、群馬の温泉がいかに素晴らしく、秀でている温泉かという本題へ入っていきました。

 講演のタイトルは、『群馬の湯力(ゆぢから) ~温泉というブランド~』 であります。

 「湯力」とは、もちろん僕の造語ですが、読んで字のごとく、自然界から湧き出した温泉が持ち合わせている湯本来の力のことです。

 “霊験あらたかな湯”

 さらに補足をすれば、“神が宿っている湯” のこと。
 または、“神が祀られている湯” のことを言います。

 なぜ、日帰り温泉施設の湯には、神様がいないのか?

 これが今回の講演テーマでありました。


 ああ、今回も熱く語り過ぎてしまい、講演時間を大幅にオーバー!
 持ち時間45分のところ、1時間近くスピーチしてしまいました。

 それでも、その後の懇親会では、たくさんの方々が僕のところへやって来て、「大変ためになりました」とか「知らないことばかりでした」とか「湯力のある湯を探して行くようにします」などなど、活動の励みになる言葉をたくさんかけてくださいました。
 なかには、さっそく 「うちで講演会を開きますから、やっていただけますか?」 なーんていう気の早い人までいましたよ。

 懇親会場は、ビュッフェスタイルで、美味しそうな料理が並んでいます。
 が、次から次へと名刺を持ったオジ様たちがやって来るため、とうとう料理にはありつけませんでした。

 一番驚いたのは、上毛新聞社の渡辺幸男社長が、無類の温泉好きだったこと。
 会場では、わざわざ僕の隣まで来てくださり、温泉好きならではの質問をされました。
 僕が一つ一つ答えると、「今度行く」「絶対行く」と熱心にメモを取ろうとするのです。

 何よりも、講演会に僕を呼んでくださったのは社長さんのひと言だったようで、誠に感謝しております。


 群馬には、湯力がある!

 聴講してくださったみなさん、大変ありがとうございました。
 

同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 物言わぬ読者たち (2022-11-25 11:45)
 公募開始! 「温泉サミット」 (2022-10-22 10:05)
 ついに、オンパラ解禁! (2022-10-07 11:53)
 小山温泉 「小暮旅館」 (2022-10-01 13:00)
 温泉サミット IN つきよの (2022-09-27 18:17)
 遺書を抱いた婦人 (2022-09-12 12:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
群馬には湯力がある!
    コメント(0)