温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年05月13日

鼻血にブーing


 そういえば、もう何十年も鼻血を出していません。

 子供の頃、僕は近所でも、鼻血をよく出す子で有名でした。
 友だちとメンコをしていても、タラ~!
 自転車に乗って、信号待ちをしてもポタポタ~!

 中学生の時は、テスト用紙を真っ赤に染めてしまい、医務室で横になっていました。

 ちょうど、谷岡ヤスジのギャグ漫画 「鼻血ブー」 が流行っていたころですから、 みんなから 「鼻血ブー」 なんて呼ばれて、からかわれていましたっけね。
 高校受験を前にして、さすがに両親も心配になり、僕を医者に連れていきました。
 結果、鼻の奥を焼く(?)という手術を受けることになり、それ以来、ピタリと鼻血は止まりました。

 以来、約40年間、鼻血は出ていません。


 鼻血といえば、ちまたでは漫画 「美味しんぼ」 が、物議をかもしているようですね。
 主人公が東京電力福島第1原発を訪れた直後に、鼻血を出したという描写に対して、「因果関係がない」「いや事実だ」「風評被害を助長する」「表現の自由だ」 などなど・・・。

 僕は専門家でも有識者でもないので、この件については何もコメントできませんが、作者の言っている “事実” と風評被害や因果関係が気になりました。
 実に、温泉の “効能” と化学的根拠の関係に似ているからです。

 時々、僕も “表現の自由” が暴走して、「効く」「治る」 といった表現を使用してしまうことがあります。
 その都度、良識のある編集者や新聞社の方々が、薬事法に基づいて訂正や修正をほどこしてくださいます。

 今回、そのチェック機構である小学館が、「美味しんぼ」 の掲載にゴーサインを出したわけですよね。
 これって、作者としては、すっごく燃えるんですよ。
 僕だって、取材で知りえた “事実” をオブラートにくるまず、そのまま表現していいと言われれば力が入りますもの!

 あとはモラルの問題ですが、生命に関わることです。
 “真実” の公開が望まれているのも事実です。


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで3,500話 (2022-11-24 11:03)
 「はつらつ温泉」 がTV出演 !? (2022-10-02 12:04)
 縁もちまして人気者でやんす! (2022-08-23 11:58)
 新連載 「ぐんま湯の里ハイク」 (2022-06-03 11:10)
 生原稿のゆくえ (2022-05-08 12:08)
 30年の記憶 (2022-03-26 11:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鼻血にブーing
    コメント(0)