温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年05月30日

感謝感謝の出版記念祝賀会


 祝賀会というのは、何回やってもうれしいものですね。
 昨日は、前橋市内の某ホテルにて、最新刊 『新 ぐんまの源泉一軒宿』 の出版記念祝賀会およびパーティーが開かれました。

 思えば、4年前。
 その前年に出版した 『ぐんまの源泉一軒宿』 の1万部発行記念と、第2弾となる 『群馬の小さな温泉』 の出版記念を兼ねた祝賀会が開催されました。
 その後、『あなたにも教えたい 四万温泉』、『みなかみ18湯(上)』、『みなかみ18湯(下)』 が出版されるたびに、出版社や関係団体の主催による祝賀会を開いていただきました。

 本とは、著者にとって我が子と同じです。
 出来の良い、悪いはあっても、決して、どの子が一番可愛いなどということはありません。
 その1冊、1冊に思い入れがあり、その1冊、1冊に愛情を注いできました。

 そして今、またこうして、たくさんの人たちの協力を得て、新たな本を世に出すことが出来たことを心より感謝するとともに、お礼を申し上げます。
 その、感謝とお礼を直接伝えることのできる場が、出版記念祝賀会であります。


 今回の祝賀会は、今までとちょっと趣向が異なりました。
 出版社の配慮により、1部と2部に分けて開催することになったのです。
 2部は通常通り、立食パーティー形式の祝賀会です。
 でも1部に、僕の基調講演をセッティングしてくださいました。

 これにより従来のような県内の観光や温泉関係者だけでなく、一般の友人や知人も招待することができました。
 何よりも僕にとっては、かつてのセミナーに通ってきてくださった受講生さんや、古くから僕を陰で支援してくださってきた読者のみなさんもご招待できたことが、最大の喜びでした。

 「祝賀会に招待されるなんて初めてですよ」
 「お便りをいただいたときは、ビックリしました」
 「講演を楽しみにきました」
 と、どの方もうれしそうに、お祝いの言葉をかけてくださいました。

 そして今回、目立ったのは、僕が最新刊で取材した旅館のご主人や女将さんたちの姿でした。
 いつもは着物姿なのに、洋装だと、また違った雰囲気に映るものです。

 たくさんのみなさん、本当に昨日はありがとうございました。


 無事に1部の講演会も終了し、2部の祝賀会では各界の来賓者からのあいさつをいただき、あらためて群馬の温泉の奥深さ、そして今後も本を出版し続ける意味を痛感しました。

 これからも一軒一軒、丁寧に取材を続け、第7弾、第8弾とシリーズを積み重ねて、いずれ群馬の温泉旅館を完全網羅し、全国に群馬の温泉の素晴らしさを発信していきたいと思います。
 出版社およびスタッフのみなさん、温泉・観光関係者のみなさん、そして大切な読者のみなさん、今後ともご支援のほどをよろしくお願いいたします。

 (あ~、浴びるほど美酒を飲んだイイ日でした)


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 落款は楽観の印 (2022-11-26 11:42)
 読者様は神様です (2022-06-13 12:03)
 来展御礼 ~著書フェア終了~ (2022-03-14 13:37)
 フェア残り一週間 (2022-03-06 11:23)
 紀の国からの贈り物 (2022-02-26 12:20)
 著書フェアに著者はいらない (2022-02-11 11:34)

この記事へのコメント
出版おめでとうございます。
祝賀会に参加させて頂き、皆様と喜びを共有できたのが本当に良かったです。
師匠の話し(半分眠っていたのでどこが良かったかと聞かれても答えられないのですが)も良かったのですが、コメント仲間とお会いできたのが一番良かった(笑)
次は、出版記念パーティーではなく、取材出陣パーティーをやりましょう?!(1年先まで待てない!)
Posted by ヒロ坊 at 2014年05月31日 13:39
ヒロ坊さんへ

ありがとうございました。
当日は、あまりお話ができずに申し訳ありませんでした。
何か、読者と交流できる場が作れたらと考えています。
その時は、また参加してくださいね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年05月31日 20:51
出版お祝い申し上げます。
早速購入したいと考えております、今後とも
宜しくお願いします。

PS、2月に神水館を訪問し、大変愉快で貴重な源泉湯浴み経験と
なりました。
Posted by 古市場 at 2014年06月01日 20:04
古市場さんへ

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
八塩温泉の 「神水館」 へ行かれたのですね。
と、いうことは、あの冷た~い源泉風呂に入られたということ。
さぞかし、身も心も清められたことでしょう。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年06月02日 09:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
感謝感謝の出版記念祝賀会
    コメント(4)