温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年08月31日

ネギを描く


 <短く太い白根と、煮たときに出る独特の甘みで、特に鍋物に最適なネギとして人気が高い下仁田ねぎ。そのおいしさは、一朝一夕につくられたものではありません。江戸時代からの栽培の歴史、種植えから収穫まで15カ月間にわたる栽培管理といった、膨大な時間と管理の結晶です。> (上毛新聞社刊 『下仁田ねぎの本』 より)


 群馬県高崎市出身の葉画家(ようがか)、群馬直美さん(東京都在住) が、英国王立園芸協会主催の植物画展 「ボタニカルアート&写真展」 で最優秀賞を受賞したニュースが、テレビや新聞で報道されました。
 群馬県出身で “群馬さん” という名前にも親近感がわきましたが、その絵に釘付けになりました。

 彼女が描いた受賞作品は、下仁田ネギだったのです!

 実物大に描かれた、その緻密さと繊細さにも驚かされましたが、何よりも僕のハートをつかんだのは、実際に栽培農家を取材して、農作業まで体験して、ネギの成長過程を学んだ上での作画だということです。
 それを知っただけで、居ても立ってもいられません!
 だから、行ってきました。

 群馬直美 個展 -下仁田ネギの一生と、ヤマトビオトープ園の葉っぱたちー


 期待通りの精密画でした。
 そして、絵一枚一枚に添えられた彼女のエッセイが、素敵です。
 植物に寄せる思いの深さを感じます。

 その中でも実物大の下仁田ネギの絵は、圧巻です。
 今すぐ調理して、すき焼き鍋に入れてしまいたくなるような瑞々しい鮮度を保っています。

 <ネギの花 下仁田町馬山・大澤貴則さんの畑にて>

 絵に添えられたタイトルパネルを読んで、「あれ?」 と一瞬、僕の思考が止まりました。
 どこかで聞いたことがあるような、会ったことがあるような……

 帰宅後、調べてみると、やはり、そうでした。
 大澤貴則さんと僕は、過去に会っていたのです。


 冒頭に紹介した 『下仁田ねぎの本』(2014年11月発行) は、僕も取材・執筆に参加しています。
 この本の中で、僕は生産農家へのインタビュー記事を担当しました。
 タイトルは、「父から子へ 継がれる伝統のバトン」。
 下仁田ネギの主産地である下仁田町馬山地区で、180年間代々農家を営む大澤善正一家を取材しました。
 そして、僕は記事の最後に、1年前に脱サラをして父親の仕事を継いだ息子の貴則さんのコメントを付記しています。

 <「子どもの頃から両親の仕事は見て知っていたつもりでしたが、手伝うのと実際に職業として栽培するのとでは責任感が違います。父のことも今は先生だと思って、日々勉強しています」と貴則さん。父から子へ、下仁田ねぎという伝統のバトンが着実に手渡されている。>

 あれから5年、貴則さんが育てたネギは、絵画となり世界に認められました。



          群馬直美 個展
 -下仁田ネギの一生と、ヤマトビオトープ園の葉っぱたちー

 ●会期  2019年8月24日(土)~9月27日(金)
 ●時間  午前10時~午後5時
 ●料金  入場無料
 ●休館  土日・祝日 ※但し9月21日・22日は開館(作家来場日)
 ●会場  (株) ヤマト本社 1Fギャラリーホール
       群馬県前橋市古市町118 TEL.027-290-1800
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで3,500話 (2022-11-24 11:03)
 「はつらつ温泉」 がTV出演 !? (2022-10-02 12:04)
 縁もちまして人気者でやんす! (2022-08-23 11:58)
 新連載 「ぐんま湯の里ハイク」 (2022-06-03 11:10)
 生原稿のゆくえ (2022-05-08 12:08)
 30年の記憶 (2022-03-26 11:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ネギを描く
    コメント(0)