温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年04月21日

旅のめっけもん (最終回)


 ●旅のめっけもん 「蛇木(へびき)の滝」

 不思議な滝である。
 何が不思議なのかといえば、これは果たして “滝” なのか? という疑問が湧いてくる滝である。
 対岸の岩壁上に立って、眺めれば眺めるほど、その思いは強くなっていった。

 宿から数百メートル下流、国道299号の道路端に 「蛇木の滝」 の案内板がある。
 地元では “奥多野のナイアガラ” と呼ばれるほどの有名な滝だというので、行ってみた。

 駐車場に車を停めると、轟々(ごうごう) と勇壮な水の音が鳴り響いている。
 心躍らせて、川岸まで駆け寄って、驚いた。
 これが滝?
 滝の定義は定かではないが、どう見ても砂防堰堤(えんてい) である。
 神流(かんな)川の本流が川幅いっぱいに、そのまま約9メートル下の滝つぼへと水煙を上げながら落下している。

 コンクリートで造られた人工の滝であるが、では景観的にはどうなのか? と問われれば、これが文句なしに美しい!
 滝の周辺は 「蛇木渓谷」 と呼ばれる景勝地で、奇岩群が約900メートルにわたり続いている。
 その自然の渓谷美と妙に溶け込んでいるから、これまた不思議である。

 岩壁の上から覗き込めば、滝つぼ近くに釣り人の姿が見える。
 ヤマメやアユなど、渓流釣りのメッカとしても有名のようだ。

 <2006年7月 向屋温泉>


 ●旅のめっけもん 「忠治の岩屋」

 『赤城の山も今宵限り……、可愛い子分のてめえ達とも別れ別れになる首途(かどで) だ』
 江戸後期の侠客(きょうかく)、国定忠治は実在の人物ではあったが、謎の部分も多い。
 講談や芝居でお馴染みの名台詞も、後世に脚色されたものだが、いずれにせよ 「群馬を代表する人物」 のアンケートでは、今でもダントツの人気である。

 宿の前に、広い駐車場がある。
 不動大滝への登山道は、ここから始まる。
 忠治が隠れていたといわれる岩屋も、その途上にある。
 片道約1時間……
 徒行を思いあぐねていると、宿の主人が 「途中まで車で行ける」 と教えてくれた。

 前不動駐車場から約20分で、滝沢不動堂へ。
 ここからは岩場あり、丸太橋ありと沢歩きが楽しい。
 約10分で、滝との分岐点に。
 そこから、ひと登りで 「国定忠治のかくれ岩」 に着いた。

 天保11(1840)年の11月から信州路へ国越えするまでの3ヶ月間、忠治がここで子分たちと過ごしたという岩屋だ。
 階段を恐る恐る下りてみるが、中は真っ暗で何も見えない。
 洞窟内は太陽電池による照明が点灯するらしいが、「来場者人数により点灯しない場合もある」 との看板を見つけた。
 ひんやりと、吐く息だけが白く見えた。

 分岐にもどり、わずか5分で不動大滝に着いた。

 <2006年8月 忠治温泉>


 このカテゴリーでは、ブログ開設10周年を記念して不定期連載をした「源泉ひとりじめ」 に併載されていたショートコラムを紹介してきました。
 ご愛読いただき、ありがとうございました。
 

同じカテゴリー(旅のめっけもん)の記事
 旅のめっけもん⑫ (2020-04-11 12:14)
 旅のめっけもん⑪ (2020-04-03 11:43)
 旅のめっけもん⑩ (2020-03-26 11:43)
 旅のめっけもん⑨ (2020-03-17 14:25)
 旅のめっけもん⑧ (2020-03-10 11:51)
 旅のめっけもん⑦ (2020-02-28 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旅のめっけもん (最終回)
    コメント(0)