温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年07月19日

温泉考座 (10) 「消えゆく自然湧出」


  このカテゴリーでは、ブログ開設10周年を記念した特別企画の第3弾として、2013年4月~2015年3月まで朝日新聞群馬版に連載された 『小暮淳の温泉考座』(全84話) を不定期にて、ご紹介いたします。
 (一部、加筆訂正をしています)


 東京電力福島第一原発事故を受けて、日本の電力を支える自然エネルギーとしての地熱発電への期待が高まっています。
 火山の多い日本は、世界有数の地熱資源国。
 また、風力や太陽光のように天候に影響されない点も、地熱発電が期待されている理由です。

 地熱発電は、地中に井戸を掘って高温の蒸気を取り出し、その蒸気によりタービンを回す仕組みです。
 しかし、資源の約8割は開発が規制されている国立・国定公園の下にあるため、これまで日本では、あまり活用されていませんでした。

 そこで開発されたのが、井戸を国立・国定公園の外から地下を斜めに掘る技術です。
 これなら公園内にある資源でも、活用することができるからです。
 しかし、これに警鐘を鳴らす人たちがいます。
 群馬県温泉協会長の岡村興太郎さんは、ボーリングによる新規の温泉開発によって、自然湧出の温泉は涸渇化の恐れがあるとし、「群馬県温泉協会誌」 に、このように書いています。

 <温泉は未知の分野が多く、地下の構造や湧出構造の解明、温泉のモニタリングが急がれるゆえんである。また一度、地熱発電が開始されると、一定量の蒸気確保のために、2~5年に1本の割で還元井戸を掘削し続けることが分かっている。際限のない、無秩序な開発にならないよう、最初から十分に検討されるべきである。>

 また、明治25(1892)年発刊の県の温泉分析書 「上野鉱泉誌」 に記載されている74ヶ所の温泉のうち、現存しているのは30ヶ所あまりとして、<昭和30年代以降の温泉掘削技術の進歩で、昔ながらの自然湧出の温泉が消えてしまった> と指摘しています。

 120年の間に40ヶ所以上の自然湧出温泉が消えたことになります。
 また、掘削による温泉は増えているものの、県内の温泉の総湧出量は年々減少していることも事実です。
 特に自然湧出温泉の湯量は、ピーク時から約30%も減っています。

 以上の数字を踏まえれば、地熱発電の開発に限らず、新たな温泉の掘削という行為自体を見直してほしいものです。


 <2013年6月5日付>


同じカテゴリー(温泉考座)の記事
 温泉考座 (84) 最終回 「入って残そう群馬の温泉」 (2021-04-22 11:08)
 温泉考座 (83) 「自分に合う湯探し」 (2021-04-18 11:14)
 温泉考座 (82) 「群馬にうまいものあり」 (2021-04-15 09:44)
 温泉考座 (81) 「東上州の名薬湯」 (2021-04-13 11:24)
 温泉考座 (80) 「復活した源泉一軒宿」 (2021-04-09 10:45)
 温泉考座 (79) 「残った源泉一軒宿(下)」 (2021-04-03 13:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉考座 (10) 「消えゆく自然湧出」
    コメント(0)