温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年05月15日

幡谷温泉 「ささの湯」④


 布団が変わったことと、久しぶりの浴衣ということもあり、寝覚めが良くありません。
 しかも、昨晩は呑み過ぎた!
 確か、床に就いたのは午前2時。

 宿酔気味の体と頭を叩き起こしながら、「えいっ!」 と布団を跳ね上げました。


 午前8時。
 階下へ降りて行くと、すでに大広間では、朝食の真っ最中。
 僕が一番最後のようであります。

 「おはようございます」
 「お゛、は、よ゛、う、ご、ざ、い゛、ま゛、す」

 「小暮さん、声が出てませんよ」
 「あ゛あ゛~、呑み過ぎました」

 それでも、しっかりと朝食は米粒一つ残さずに平らげました。


 「もう新聞に載っていますよ」
 主催者に声をかけられて、食後にロビーへ。


 《温泉で名湯の逸話》
 《ライターの小暮さん講演》

 今朝の上毛新聞にカラーで大きく記事が掲載されていました。

 <フェイスブックなどでつながる県内外の温泉愛好家15人によるオフ会が14日、片品村の幡谷温泉の宿 「ささの湯」 で開かれた。ゲストの温泉ライター、小暮淳さん (63) =前橋市=の講演に耳を傾け、温泉談議に花を咲かせた>


 そうなのです、昨日、僕は群馬県片品村で開催された “温泉愛好家” たちのオフ会に呼ばれて、講演会を行ったのでした。
 演題は、「片品10湯と 『みなかみ紀行』」。

 開催地である幡谷温泉の歴史や温泉発見秘話、片品村の温泉について話をさせていただきました。
 それと、大正時代に群馬を旅した若山牧水の温泉行脚についても触れました。


 <若山牧水が100年前に本県を旅し、「みなかみ紀行」 に記した草津、四万、老神など9湯をエピソードと共に説明した。小暮さんは 「建物や歴史文化など自分の切り口で温泉を楽しんで」 と訴えた。>


 講演会の後は、質疑応答による座談会。
 休憩 (入浴タイム) をはさんで、お待ちかねの懇親会であります。
 15名の参加者は、温泉ソムリエなど温泉に精通した “つわもの” 揃い。
 東京や埼玉からも参加しています。

 まあ、いつもは温泉の素人(?)さんを相手にした講演や講座の講師をすることがほとんどなので、今回は僕も力が入りました。
 そして、何よりも楽しかった!

 だって、あんな話やこんな話、温泉にまつわるエトセトラを制限なく思いっきり話せるのですからね。
 相手は、温泉を知り尽くした人たちです。
 遠慮はいりません。
 ついつい、酒のピッチも上がり、大好きな温泉ウンチクをしゃべり倒してしまったとさ。

 結果……
 声がかすれてしまったということであります。


 一夜明けても、参加者は、すぐに帰る気配はありません。
 「これで5回目ですよ」
 なんていう猛者もいて、仕上げの入浴に余念がありません。

 僕も帰り際、3回目の入浴を。
 相変わらず、いつ入っても、何回入っても、美しい湯であります。
 しかも、湯量豊富。
 加水なし、加温なし、かけ流し!

 見事としか言いようのない、単純温泉の見本のような素晴らしい温泉です。


 「はい、チーズ」

 出会いがあれば、必ず別れの時が来ます。
 あっという間の楽しい時間でした。

 宿の玄関前で、記念撮影会が始まりました。
 「一緒に撮っていただけますか?」
 「写真をフェイスブックに上げてもいいですか?」

 「はい、チーズ!」

 「これ、僕の遺影にします」
 「おいおい、歳から言えば、俺の遺影だろ!」
 (爆笑)


 みなさん、2日間、お世話になりました。
 とっても楽しい2日間でした。
 呼んでいただき、本当にありがとうございました。

 また、会いましょう!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 宝川温泉 「汪泉閣」⑧ (2022-11-18 09:19)
 月夜野温泉 「みねの湯 つきよの館」⑮ (2022-11-13 18:59)
 四万温泉 「もりまた旅館」② (2022-11-07 11:30)
 磯部温泉 「小島屋旅館」➁ (2022-08-22 11:25)
 倉渕川浦温泉 「はまゆう山荘」④ (2022-04-25 11:44)
 けっぱれ! 川原湯温泉 (2022-04-03 11:57)

この記事へのコメント
二日間お疲れさまでした
非常に有意義で楽しい時間をありがとうございました
前回の相間川では懇親会に出席せずでしたので、今回は楽しみでした
自分は歴史苦手なのですが、昨日のように楽しいお話しだと歴史好きになったかも⤴️
ああいう感じでお話ししてくれる歴史の先生だったらなぁ
また機会があればよろしくお願い致します(^^ゞ
Posted by みわっち at 2022年05月15日 22:26
みわっちさんへ

こちらこそ大変お世話になりました。

温泉の楽しみ方は、人それぞれ。
十人十色だから、1つの温泉で何時間でも語り合えます。
すでに、次回の講演のテーマもいただいています。

また、お会いいたしましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年05月16日 09:34
ありがとうございますm(._.)m
是非またどこかでお会いしたいです(^-^)
Posted by みわっち at 2022年05月16日 12:43
2日間、また夜遅くまでありがとうございました。
大変貴重な時間を過ごす事ができました。
これからの湯活の励みになります。
たくさんの温泉仲間が出来たことも感慨深いです。
民俗、信仰のお話も大変興味深かったです!
帰宅してアーボ・ヒーボについて調べたところ、小正月に豊作を祈願する習わしで、アワボ(粟穂)、ヒエボ(稗穂)からきているそうです。六合村の他に、神奈川や宮城でもみられるようです。
次回も是非参加させて頂きたいです。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by こいk at 2022年05月16日 21:40
こいkさんへ

アーボ・ヒーボの話も、したんですね?
(酔っ払っていて、覚えていません)

温泉には、歴史と文化、民俗、信仰が付きものです。
ぜひ、ドツボにハマってください(笑)。

また、お会いしましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年05月16日 23:38
小暮さん、講演会では本当にありがとうございました。
とても深いお話がたくさんで、さらに温泉愛が沸きました!
みなさんにささの湯の温泉にも入っていただき嬉しかったです。
ふじこさんも喜んでおりました!

次回は参加の方でご一緒したいです!
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ささの湯 荒井鶴也 at 2022年05月20日 17:26
ささの湯 荒井鶴也さんへ

大変お世話になりました。
そして、とっても楽しい2日間でした。
またサプライズで初代女将さんまで来ていただき、感激!

みなさん、絶品かけ流しの 「ささの湯」 の湯を堪能していましたね。
僕も存分に満喫しました。
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年05月21日 10:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
幡谷温泉 「ささの湯」④
    コメント(7)