温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月04日

イワシの頭


 テレビなどで、なにかと宗教のことが話題になっています。
 正確には、悪質な商法などを行う宗教団体ですが……


 僕のオヤジは、大の宗教嫌いでした。
 なのにオフクロは、某宗教に入信していました。

 なぜ、オヤジは止めかったのか?
 なぜ、オヤジは許していたのか?
 長年の謎でした。

 謎が解明されたのは、長きにわたる両親の介護生活でした。
 オヤジは最後まで何も言いませんでしたが、オフクロは 「お父さんには感謝しています」 と言いながら、入信のいきさつを話してくれたことがありました。


 きっかけは、僕が産まれて間もない頃だったといいますから、昭和30年代の中頃です。
 オフクロは、医者から乳がんの宣告をされました。
 当時は今のように温存手術は選択肢にはなく、全摘手術を受けました。 

 子ども心に、「なぜ、うちのかあちゃんは、オッパイが片方しか無いんだろう?」 と、不思議に思っていた記憶があります。
 今思えば、オフクロは、まだ30代前半だったんですね。


 「生きる力が、無くなっちゃったのよ」
 晩年のオフクロの言葉です。
 その生きる力のよりどころとして、当時、知人から紹介されたのが宗教だったといいます。

 「信じる力に救われた」
 のだと言います。


 でも、オヤジはオフクロと違って、自信の塊のような人。
 フロンティア精神旺盛で、自ら人生を切り開くタイプです。
 しかも、唯我独尊。
 自分の信じるものしか信じない、ヘンクツ親父です。
 おまけに根っからの宗教嫌いですから、当然、オフクロの入信を許すわけがありません。

 「オヤジは反対しなかったの?」
 「したわよ。猛反対! 『お前は俺が守る』 って」

 オヤジの気持ちも分かります。
 自分より宗教を頼ったオフクロを、許せなかったのかもしれませんね。

 「でも、お願いしたの。『私を助けると思って』 って、頼んだのよ」
 「そしたらオヤジ、OKしたの?」
 「承知はしなかったわよ。ただ、『勝手にしろ! ただし』 ……」
 「ただし?」
 「そう、『ただし家族を巻き込むな』 って。『もし巻き込んだら離婚する』 ってね」
 「それで入信したんだ?」
 「だって、あの時は、ワラにもすがる思いだったから……」


 その後も、“病気のデパート” と周りから揶揄(やゆ)されるほど、次から次へとオフクロを病魔が襲いました。
 子宮がん、脳梗塞、脳出血……
 それでも91歳の天命をまっとうすることができたのは、宗教のおかげだったようです。

 今、なにかと話題の宗教ですが、信じることにより命と生きる勇気をオフクロに与えてくれた宗教の力に、感謝しています。


 “鰯の頭も信心から”
 信じる者は救われるということです。

 「病気と寿命は別物だからね」
 晩年、寝たきりのベッドの上で笑ったオフクロの言葉が、忘れられません。


 南無阿弥陀仏
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 焼身自殺の真実 (2022-09-24 11:39)
 その子は悪くない! (2022-09-21 18:52)
 メール相談室 (2022-09-17 12:07)
 活字の力 (2022-09-14 13:39)
 置き去りにした悲しみ② (2022-09-08 13:27)
 1/2の呪い (2022-09-07 12:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
イワシの頭
    コメント(0)