温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年09月05日

永遠の夏休み ~stand by me~


 夏になると、読みたくなる小説があります。

 毎年、ふっと思い出し、書庫に駆け込み、ひと通り探してみるのですが、見当たりません。
 「確か、あったはずなのに……」
 そう、一人ごちながら、あきらめてしまうのが常でした。


 でも、今年は違いました。
 「絶対、あるはず!」
 と信念をもって、徹底的に探しました。

 でも、見当たりません。
 ここまで探して見つからないと、例年のように、あきらめられません。
 「見つからないということは、ないんだ!」
 と、探すことをあきらめた僕は、書店に直行しました。
 そして、数十年ぶりに、本と再会しました。


 湯本香樹実・著 『夏の庭 ─ The Friends ─ 』 (新潮文庫)


 物語は、小学6年生の仲良し3人組男子の、ひと夏の経験です。
 1人が、祖母の葬式に参列してきた話をするシーンから始まります。
 「人は死ぬと焼かれるんだ」 「一時間後には骨になるんだ」 「その骨を、みんなでお箸でつまんで、骨壺に入れるんだ」

 2人は、本物の 『死んだ人』 を見たことのある友人に羨望を抱き、嫉妬します。
 そして、それが、夏休み最大の課題となりました。

 人は死んだら、どうなるのか?
 この目で、見てみたい。

 ある日、3人は、近所の婦人たちが話していたうわさ話で盛り上がります。
 「あそこのおじいさん、もうじき死ぬんじゃないかって言ってた」

 だったら、そのおじいさんの死ぬ瞬間を見てやろう!

 そして、3人のひと夏の冒険が始まります。
 まさに、日本版 「スタンド・バイ・ミー」 なのであります。


 この小説が書かれたのは、平成4(1992)年ですから、僕は、すでに大人でした。
 なのに、強烈な印象を残しているのは、完全に忘れてしまっていた小学生時代の瑞々しい感性が、読後によみがえって来たからであります。
 “夏休み” という甘酸っぱい響きと、“冒険” という心くすぐる体験。
 そこに、“死” という未知への恐怖が加わり、少年たちの夏は、一気に盛り上がります。

 同時に、僕の中に眠っていた少年も目覚め、彼らと一緒に、ひと夏の冒険をするのでした。

 「これで、今年の夏休みも終わったな」
 それが、今回の読後の感想であります。


 ちなみに本作品は、平成5(1993)年に日本児童文学者協会新人賞、児童文芸新人賞を受賞。
 また映画・舞台化もされ、世界10ヵ国以上で翻訳され、同9(1997)年にボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ミルドレッド・バチェルダー賞に輝いています。

 ご興味を抱いた方には、一読をおすすめします。
 ひと足遅れの夏休みを体験をしてみては、いかがですか?
 

同じカテゴリー(読書志向)の記事
 KAPPA (2021-10-26 11:27)
 オオカミに乗って (2021-09-18 17:27)
 TENGU (2015-11-27 18:13)
 読むべからず!② (2014-06-20 21:05)
 読むべからず! (2013-08-05 21:33)
 空白の埋め草 (2013-03-29 21:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
永遠の夏休み ~stand by me~
    コメント(0)